This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Aware Super

PRI reporting framework 2020

Export Public Responses
Pdf-img

You are in Direct - Listed Equity Incorporation » ESG incorporation in actively managed listed equities » Implementation processes » (C) Implementation: Integration of ESG factors

C) 実施: 統合

LEI 08. Review ESG issues while researching companies/sectors

08.1. E・S・Gの各要因が投資分析の一環として体系的に調査されている、アクティブ運用の上場株式ポートフォリオの割合を記載してください。

ESG問題

影響を受ける割合
E(環境)

E(環境)

S(社会)

S(社会)

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

08.2. 補足情報 [任意]

All companies researched for investment in our actively managed portfolio are assessed on a number of environmental, social and governance issues.

Environmental issues include:

- Climate change and its potential impact on investments

- The availability or over supply of water, and competition for the use of water

- Pollution and disposal of waste products

- The impact that a company and its operations have on the local environment

- Future liability risk, arising from activities such as the disposal or spillage of toxic substances, or from contamination of areas or populations

Social issues include:

- The effectiveness of a company in maintaining its ‘licence to operate’

- Labour relations

- Safety

- Adherence to international conventions

- Supply chains

- Workforce diversity

Governance issues include:

- Board composition

- Remuneration structure

- Ethics and culture

- Bribery and corruption


LEI 09. Processes to ensure integration is based on robust analysis

09.1. ESG統合が徹底した分析に基づいていることを確実にするために、組織が使用しているプロセスを記載してください。

09.2. 組織の統合戦略の一環で包括的ESG調査の対象になるアクティブ運用上場株式の割合を記載してください。

09.3. ESG統合戦略に使われる第三者のESG評価が更新される頻度を示してください。

09.4. ESG統合戦略に使われる組織内調査を見直す頻度を示してください。

09.5. ポートフォリオ・マネージャーがどのようにしてESG情報を保有し、使っているのか説明してください。

09.6. 補足情報 [任意]


LEI 10. Aspects of analysis ESG information is integrated into

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

10.1. 投資分析のどの側面にESG情報を統合しているかを記載してください。

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

10.2. ESG情報を適正価値/ファンダメンタル分析および/またはポートフォリオの構築へと統合するプロセスについて、組織でのプロセスの一部となっている手法を選択してください。

10.3. ESG情報をポートフォリオの加重にどう統合しているかを説明してください。

Companies identified with material ESG issues may be excluded from the portfolio - for example poor governance.

10.4. 利益予想/バリュエーションツールの修正に使用した手法を説明してください。

After the ESG issues are identified the analyst incorporates this into their cash flow forecasts which drives the valuation. For example higher operating costs relating to compliance with increased regulation, supply chain disclosure (Modern Slavery).  Higher capital requirements are also considered e.g. Insurers due to physical climate risk.

10.5. 有価証券の評価に感応度/シナリオ分析をどのように適用しているか説明してください。

A base, bear and bull scenario analysis is performed on all companies when undertaking research. These scenario analysis look at financial implication of relevant and material E, S and G risks.

10.6. 補足情報 [任意]


Top