This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Trecento

PRI reporting framework 2020

Export Public Responses
Pdf-img

You are in Direct - Fixed Income » ESG incorporation in actively managed fixed income » (C) Implementation: Integration

C) 実施:ESG問題の統合

FI 10. Integration overview

10.1. ESGを従来の財務分析に統合するアプローチを説明してください。

After the ESG screening process, we conduct an ESG integration process in the form of a detailed ESG analysis of an issuer, on the 3 key pillars E, S and G, that enables the analyst to assess the global ESG policy of the issuer and to allocate a proprietary ESG score (from 1 to 5, 5 being the highest score).

10.2. 投資する債券の各種類に対してESG統合アプローチをどのように調整するのか説明してください。

社債(非金融)

After the ESG screening process, we conduct an ESG integration process in the form of a detailed ESG analysis of an issuer, on the 3 key pillars E, S and G, that enables the analyst to assess the global ESG policy of the issuer and to allocate a proprietary ESG score (from 1 to 5, 5 being the highest score).

10.3. 補足情報 [任意]


FI 11. Integration - ESG information in investment processes

11.1. ESG情報が、通常、投資プロセスの一部としてどのように使用されるのか記載してください。

当てはまるものをすべて選択してください
社債(非金融)
ESG分析をファンダメンタル分析に組み込んでいる
ESG分析が発行体の内部信用評価を調整するために利用される
ESG分析が予想財務業績および将来キャッシュフロー予測を調整するために利用される
ESG分析が発行体の同業グループと比較したランキングに影響する
発行体のESG債スプレッドおよび同セクター企業に対するその相対価値が、すべてのリスクが織り込まれているか否かを把握するために分析される
各種デュレーション/満期の発行体債券へのESG分析の影響が分析される。
感度分析およびシナリオ分析が、ベースケースとESG組み込み証券評価の差を比較する評価モデルに適用される
ESG分析が、ポートフォリオのウェイティング決定に組み込まれている
会社、セクター、国、通貨が、ESGエクスポージャーの変化およびリスク制限の違反についてモニタリングされる
ESGリスクが大きい証券についてポートフォリオのESGプロファイルが検討され、ベンチマークのESGプロファイルと比較して評価される
その他(具体的に記載してください)

11.2. 補足情報 [任意]


FI 12. Integration - E,S and G issues reviewed

12.1. 組織の統合プロセスでESG問題をどのように検討するか示してください。

E(環境)
S(社会)
G(ガバナンス)
社債(非金融)

E(環境)

S(社会)

G(ガバナンス)

12.2. 組織の統合プロセスでE/S/G要因を検討する方法を詳しく説明してください。

社債(非金融)

For each analysed issuer (new investment case or update of an existing investment case), the analysts of Trecento AM assess the global ESG policy implemented or not by the issuer and assign a proprietary ESG score (from 1 to 5, 5 being the highest score). This analysis materialises by a proprietary evaluation grid that is adapted to the specificities and the rampant environmental/social risks of a sector or sub-sector. By principle, the analysis of the governance of an issuer is the same whatever the sector or sub-sector. Each evaluation grid includes between 40 and 45 indicators, the analysis of each of them is qualitatively commented, formally documented and duly sourced.

The evaluation grid enables the analyst to score each of the E, S and G criteria and result in a score for each E, S and G factor. The ESG global score of an issuer is a weighting of these individual scores, depending on the number of indicators amongst each factor.

12.3. 補足情報 [任意]


Top