This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Prosperity Capital Management

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Listed Equity Active Ownership » (Proxy) voting and shareholder resolutions

(委任状による)議決権行使および株主決議

LEA 12. Typical approach to (proxy) voting decisions

12.1. (委任状による)議決権行使を通常どのように決定しているかを明示して下さい。

アプローチ

以下に基づいて行う

12.2. 合意された議決権ポリシーがどのように遵守されているかを概観し、ポリシーの例外が適用された場合(該当する場合)のアプローチの詳細を示してください。

We have a formalised our Voting Policy which integrates ESG matters. We are committed to voting proxies in a manner consistent with the best interests of our clients. Our Voting Policy stipulates that we are active in voting and try to realise all our corporate rights (we vote in over 80% of votes held and keep records of our voting scores).

All voting instructions are made only after the respective recommendation of Corporate Governance Team, which, among other tasks, ensures compliance with the Policy, with no exceptions.

We monitor 100% of corporate actions and vote on ‘significance’ basis, which is defined through:

(a) reasons –related to our top-50 holdings and/or seriously influence our rights/interests as shareholders and/or generally important for ESG and/or

(b) outcomes – improvement of certain ESG issues at an issuer’s level or generally.

For clients who have retained voting rights and discretion in respect of investments, PCM passes on proxy proposals received to the client and/or its custodian together with a recommendation on how votes should be cast.

 

12.3. 補足情報[任意]

Prosperity generally seeks to vote in the same manner for all PCM funds and mandates.

Prosperity will oppose share issuances that will dilute shareholders without bringing adequate benefits to the investment, interested party transactions which are designed for asset-stripping or transfer of value in favour of majority shareholder(-s) or third parties.

Prosperity was instrumental in steering regulators towards an electronic system for proxy voting.


LEA 13. Percentage of voting recommendations reviewed (Not Applicable)


LEA 14. Securities lending programme

14.1. 貴社では、セキュリティーズレンディングを設定していますか?

14.2. 貴社がセキュリティーズレンディングをしていない理由を説明してください。(最大500語)

Very limited market.

14.4. 補足情報 [任意]


LEA 15. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

15.1. 報告年度内に関与した議決権行使のうち、貴社、または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが議決権行使に先立って企業に懸念を表明したものの割合を示してください。

15.2. これらの企業に対し、議決権行使に先立って懸念を表明した理由を示してください。

15.3. 補足情報 [任意]


LEA 16. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

16.1. 貴社または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが、議決権行使を棄権する場合、または経営陣の提案に反対票を投じる場合に、当該企業にその根拠を伝えた議決権の割合を示してください。これは行使可能な全議決権の中で占める割合とします。

16.2. 貴社が議決権行使を棄権する場合、または経営陣の提案に反対票を投じる場合に、企業にその根拠を伝える理由を示してください。

16.3. 貴社が議決権行使を棄権するまたは経営陣の提案に反対票を投じる根拠を伝える場合、この根拠を公表しているか示してください。

16.4. 補足情報[任意]


LEA 17. Percentage of (proxy) votes cast

17.1. 貴社やサービスプロバイダーが(代理)投票の指示を発行するマンデートを有している上場株式について、報告年度中に行った投票の割合を記載してください。

1%単位の投票率

90 %

この投票率の計算基準を明記してください

17.2. 一定の株式保有分について議決権を行使しない理由を説明して下さい:

17.3. 補足情報[任意]


LEA 18. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

18.1. 貴社または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが出した議決権行使に係る指示を追跡しているか示してください。

18.2. 貴社または貴社の代理を務める第三者が出した議決権行使に係る指示のうち、各投票項目の占める割合を示してください。

議決権行使に係る指示の対象
投票の内訳(%)
経営陣の提案に対する賛成票
72 %
経営陣の提案に対する反対票
27 %
棄権
1 %
100%

18.3. 貴社が経営陣の提案に対する反対票を投じたケースにおいて、貴社がエンゲージメントを行った企業の占める割合を示してください。

10

18.4. 補足情報 [任意]


LEA 19. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

19.1. 不首尾に終わった議決権行使後の正式なエスカレーション戦略が貴社にあるか示してください。

19.2. 棄権後、または経営陣に反対する票を投じた後に貴社が用いるエスカレーション戦略を示してください。

19.3. 補足情報 [任意]


LEA 20. Shareholder resolutions (Private)


LEA 21. Examples of (proxy) voting activities (Private)


Top