This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Sparda-Bank Muenchen eG (Delisted)

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Fixed Income » ESG incorporation in actively managed fixed income » Implementation processes

実施プロセス

FI 01. Incorporation strategies applied

以下を記載してください。 (1)組織でアクティブ運用する債券投資について、どのESG組み入れ戦略や組み合わせを使用しているか(2)各戦略が適用されるアクティブ運用債券投資合計の割合(+/- 5%)
SSA
100 スクリーニングのみ
0 テーマのみ
0 統合のみ
0 スクリーニング + 統合戦略
0 テーマ + 統合戦略
0 スクリーニング + テーマ戦略
0 3つの戦略すべての組み合わせ
0 組み入れ戦略を適用していない
100%
社債(金融)
100 スクリーニングのみ
0 テーマのみ
0 統合のみ
0 スクリーニング + 統合戦略
0 テーマ + 統合戦略
0 スクリーニング + テーマ戦略
0 3つの戦略すべての組み合わせ
0 組み入れ戦略を適用していない
100%

01.2. 特定のESG組み入れ戦略を選択している理由と、使用する戦略の組み合わせを説明してください。

All our fixed income investments we manage on our own behalf is invested in a very conservative and risk averse way. As it also can be seen on our webpage https://www.sparda-m.de/transparenz.php, we think it is fair to claim that large proportions, i.e. more than 95% of them are invested in right from the beginning ESG "unsuspicious" assets classes. These investments are for example funding of our cooperative central bank DZ BANK, German covered bonds, deposits in "Bausparkassen" (building societies) etc.

So just screening them seems to us an appropriate, suitable and last but not least cost-effective way to incorporate our ESG strategy.  

 

01.3. 補足情報 [任意]


FI 02. ESG issues and issuer research (Private)


FI 03. Processes to ensure analysis is robust

03.1. 組織のESG調査プロセスの堅牢性を確保する方法を記載してください。

03.2. ESG情報または分析を投資チーム内で共有する方法を記載してください。

03.3. 補足情報 [任意]


Top