This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

KLP

PRI reporting framework 2020

Export Public Responses
Pdf-img

You are in Direct - Listed Equity Active Ownership » (Proxy) voting and shareholder resolutions

(委任状による)議決権行使および株主決議

LEA 12. Typical approach to (proxy) voting decisions

12.1. (委任状による)議決権行使を通常どのように決定しているかを明示して下さい。

アプローチ

以下に基づいて行う

12.2. 合意された議決権ポリシーがどのように遵守されているかを概観し、ポリシーの例外が適用された場合(該当する場合)のアプローチの詳細を示してください。

For Norwegian-listed firms, KLP's proxy voting service provider completes an analysis of each meeting according to KLP and the KLP Mutual Funds' voting guidelines. The KLP responsible investment department and relevant asset managers review the assessment and agrees on the voting. KLP votes through the online proxy voting platform as a general rule, but may vote in person when appropriate.

For firms listed outside of Norway, KLP votes in line with the proxy voting service provider's socially responsible investment voting policy, which is substantially aligned with the KLP voting guidelines. KLP receives a regular alert of meetings with environmental and social proposals on the agenda and retains the ability to override the service provider policy if desirable. KLP did not see the need to override the default policy during 2019. KLP votes on AGMs and EGMs for over 6 000 companies. 

12.3. 補足情報[任意]

For Norwegian listed companies, KLP determines voting based on in-house research. For voting in companies listed outside of Norway, KLP relies primarily on an external service provider.


LEA 13. Percentage of voting recommendations reviewed (Not Applicable)


LEA 14. Securities lending programme

14.1. 貴社では、セキュリティーズレンディングを設定していますか?

14.3. 貴社の証券貸付プログラムで投票の問題にどのように対処しているか示してください。

14.4. 補足情報 [任意]

KLP never lend out all shares so that we are able to vote on all AGMs and EGMs. We also reserve the right to recall securities on AGMs or EGMs where we asess that it is important to vote for all holdings. 


LEA 15. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

15.1. 報告年度内に関与した議決権行使のうち、貴社、または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが議決権行使に先立って企業に懸念を表明したものの割合を示してください。

15.2. これらの企業に対し、議決権行使に先立って懸念を表明した理由を示してください。

15.3. 補足情報 [任意]


LEA 16. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

16.1. 貴社または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが、議決権行使を棄権する場合、または経営陣の提案に反対票を投じる場合に、当該企業にその根拠を伝えた議決権の割合を示してください。これは行使可能な全議決権の中で占める割合とします。

16.2. 貴社が議決権行使を棄権する場合、または経営陣の提案に反対票を投じる場合に、企業にその根拠を伝える理由を示してください。

16.3. 貴社が議決権行使を棄権するまたは経営陣の提案に反対票を投じる根拠を伝える場合、この根拠を公表しているか示してください。

16.4. 補足情報[任意]


LEA 17. Percentage of (proxy) votes cast

17.1. 貴社やサービスプロバイダーが(代理)投票の指示を発行するマンデートを有している上場株式について、報告年度中に行った投票の割合を記載してください。

1%単位の投票率

97 %

この投票率の計算基準を明記してください

17.2. 一定の株式保有分について議決権を行使しない理由を説明して下さい:

17.3. 補足情報[任意]


LEA 18. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

18.1. 貴社または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが出した議決権行使に係る指示を追跡しているか示してください。

18.2. 貴社または貴社の代理を務める第三者が出した議決権行使に係る指示のうち、各投票項目の占める割合を示してください。

議決権行使に係る指示の対象
投票の内訳(%)
経営陣の提案に対する賛成票
82 %
経営陣の提案に対する反対票
18 %
棄権
0.00 %
100%

18.3. 貴社が経営陣の提案に対する反対票を投じたケースにおいて、貴社がエンゲージメントを行った企業の占める割合を示してください。

18.4. 補足情報 [任意]

We do not track the information requested under LEA 18.3.


LEA 19. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

19.1. 不首尾に終わった議決権行使後の正式なエスカレーション戦略が貴社にあるか示してください。

19.3. 補足情報 [任意]


LEA 20. Shareholder resolutions

20.1. 貴社が報告年度中に、直接もしくはサービスプロバイダーを介して、ESG株主決議を提出または共同提出したか示してください。

20.7. 補足情報[任意] 


LEA 21. Examples of (proxy) voting activities

21.1. 報告年度に貴社またはサービスプロバイダーが実行した(委任状による)議決権行使の例を提供してください。

ESGトピック
Other governance
意思決定者
目的

We have consistently voted against or abstain when it comes to bundling in the Norwegian market. 

対象範囲およびプロセス

All companies in the Norwegian market. Companies are usually informed in advance to give them time to change the agenda. 

結果
ESGトピック
Climate Change
意思決定者
目的

Company reporting on climate change policies. 

対象範囲およびプロセス

ISS SRI policy states that: Generally vote for social and environmental shareholder proposals that seek greater disclosure on topics such as human/labor rights, workplace safety, environmental practices and climate change risk, sustainable business practices etc. 

結果

21.2. 補足情報[任意]


Top