This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Insurance Australia Group (IAG)

PRI reporting framework 2020

You are in Organisational Overview » Asset class implementation gateway indicators

ゲートウェイ資産クラス実施指標

OO 10. Active ownership practices for listed assets

10.1. 報告年度において組織が実施した積極的な保有活動(アクティブ・オーナーシップ)を選択してください。

上場株式 – エンゲージメント

上場株式 – 議決権行使

債券SSA – エンゲージメント

債券 - 社債(金融) – エンゲージメント

債券 - 社債(非金融) – エンゲージメント

債券 - 社債(証券化) – エンゲージメント


OO 11. ESG incorporation practices for all assets

11.1. 投資決定や積極的な保有の実務に(報告年度中に)ESGの組み入れを行った組織内で運用される資産クラスを以下から選択してください。

債券 – SSA

債券 - 社債(金融)

債券 - 社債(非金融)

現金

報告年度中に組織外の運用会社の選定、指名や、モニタリングプロセスにおいてESGの組み入れや積極的な保有に取り組んだ場合は、組織外で運用される資産クラスを選択してください。
アセット・クラス
組織外の運用会社の選定、指名や、モニタリングプロセスにおいてESGの組み入れや積極的な保有
上場株式

組織外の運用会社の選定、指名や、モニタリングプロセスにおいてESGの組み入れや積極的な保有

債券 – 社債 (非金融)

組織外の運用会社の選定、指名や、モニタリングプロセスにおいてESGの組み入れや積極的な保有

債券 – 証券化商品

組織外の運用会社の選定、指名や、モニタリングプロセスにおいてESGの組み入れや積極的な保有

プライベートエクイティ

組織外の運用会社の選定、指名や、モニタリングプロセスにおいてESGの組み入れや積極的な保有

ヘッジファンド

組織外の運用会社の選定、指名や、モニタリングプロセスにおいてESGの組み入れや積極的な保有

その他(1)

組織外の運用会社の選定、指名や、モニタリングプロセスにおいてESGの組み入れや積極的な保有

11.4. 投資マネジャーの選定、任命、モニタリングプロセスに、投資に関する考慮事項がどのように含まれているかを簡単に説明してください。

External investment manager selection, appointment, initial and ongoing due diligence and engagement with investment managers is made cognisant of managers consideration of ESG risks (and opportunities) in security selection and portfolio construction, including their active ownership/stewardship approaches. Written guidelines for investment manager due diligence and implementation and an ESG policy for investments outline the overall requirements. As a supplement, we also use investment consultants and ESG research providers as independent resources where relevant in supporting these activities. Appointment of investment managers is made considerate of their ESG credentials as relevant to the asset class, the form of the investment (segregated mandate or comingled vehicle) and investor rights.

ESG due diligence includes an assessment of:

• Current, planned or possible integration of ESG considerations in security selection portfolio construction/risk management
 • ESG and carbon footprint related portfolio objectives, targets, overlays and/or restrictions that may be employed
 • Capabilities for reporting and benchmarking strategies for ESG factors/risks and climate footprint
 • ESG research agenda and the use of ESG research providers
 • Active ownership, stewardship and proxy voting activities/policies and examples of regular reporting available to clients
 • ESG policy framework, outlining responsibility for investment management of ESG issues and oversight
 • Participation in ESG related organisations (PRI etc.).

 Our approach recognises that collaboration with others in the investment industry may increase the extent to which our ESG program can benefit. We are therefore an active participant in collaborations that can help us to further integrate ESG into our investment processes.

IAG reviews polices and processes related to responsible investment and investment manager selection and appointment on an annual basis.


OO 12. Modules and sections required to complete

12.1. 自主的な報告を希望される場合には、該当するするモジュールやセクションを以下のリストから選択して下さい。組織のAUMの10%以上を占める資産クラスについてのみ報告が義務付けられています。

中核的なモジュール

直接またはサービスプロバイダーを経由したRI実施

自己運用 – 債券

外部の運用会社を経由したRI実施

委託 - 組織外の運用会社の選定、指名、モニタリング

終了モジュール

12.2. 補足情報 [任意]


Top