This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Stichting Pensioenfonds UWV

PRI reporting framework 2020

You are in Strategy and Governance » ESG issues in asset allocation

資産配分におけるESG問題

SG 13. ESG issues in strategic asset allocation

13.1. 貴社組織がシナリオ分析および/またはモデリングを実施するか記述してください。実施する場合、 シナリオ分析について説明してください(資産クラス別、セクター別、戦略的資産配分等)。

25語以内で説明してください 。 Climate risk modelling will be applied in the upcoming ALM-study and Own Risk Assessment. Both the risk of physical damage and transitional risk will be assessed.

13.2. 組織が戦略的な資産配分やセクターまたは地理的な市場間での資産の配分においてESG問題を考慮しているかどうかを記載してください。

以下を行っている

13.3. 補足情報 [任意]

In the next ALM study (preparation starting in 2020) the fund will model climate risks


SG 13 CC.


SG 14. Long term investment risks and opportunity

14.1. 一部の投資リスクと機会は長期トレンドの結果として発生します。貴社では、以下のどの項目について考慮するか明示してください。

14.2. 気候に関するリスクと機会に対応して組織で実施されている活動を選択してください。

14.3. 次のツールの中から気候関連リスクと機会の管理に組織が用いているものを選択してください。

14.4. 排出量リスクの開示を選択した場合、採用している開示方法またはそのフレームワークの中で気候関連のものを挙げてください。

The pension fund has conducted an intial carbon intensity measurement of its investment portfolio in 2018 and 2019. The 2019 determined the starting point to evaluate future performance in terms of reduction of carbon emissions. A new one will be conducted in 2020 Q2 in order to check outcomes. If carbon data becomes more widely available a formal carbon reduction target will be determined.

Coal mines will be excluded as the Carbon intensity is too high of these investments. The exclusion of coal-fired utilities is under investigation.

14.5. 補足情報 [任意]


SG 14 CC.

14.6 CC. 気候に関連するリスクと機会を評価するために使用されるこれらの重要な指標についての詳細を記入してください。

指標の種類
カバレッジ
目的
指標の単位
方法
気候関連の目標
          reduce CO2 emission
        
          CO2 tonne
        
          
        
カーボンフットプリント(スコープ1と2)
          reduce CO2 emission
        
          CO2 tonne
        
          
        
ポートフォリオのカーボンフットプリント
          reduce CO2 emission
        
          CO2 tonne
        
          
        
総炭素排出量
          reduce CO2 emission
        
          CO2 tonne
        
          
        
炭素濃度
          reduce CO2 emission
        
          CO2 tonne
        
          
        

14.7 CC. 主要目標についてさらに詳しく記入してください。

目標の種類
基準年度
目標年度
内容
添付書類
          next 3 years
        
          
        
          minus 10% CO2 emission
        

          
        
          
        
          
        

          
        
          
        
          
        

          
        
          
        
          
        

          
        
          
        
          
        

14.8 CC. 気候関連のリスクが全体のリスク管理に組み込まれているかどうか記述してください。また、気候関連リスクを特定、評価、管理するために利用されたリスク管理プロセスについて説明してください。

500語以内で自由に記述。

During the next ALM-study climate risks will be analyzed and formally integrated in the overal risk management. This is not yet the case.

14.9 CC. 貴社組織がTCFD採用を促すアクティブオーナーシップ活動を行うか記述してください。


SG 15. Allocation of assets to environmental and social themed areas

15.1. 貴社にて、特定の環境および社会をテーマとする分野に基づいてファンドに資産を配分したり、ファンドを運用しているかどうかについて明示してください。

15.2. 環境および社会をテーマとする分野に投資された合計運用資産(AUM)の割合を明示してください。

1 %

15.3. 貴社が投資しているテーマ分野を明示のうえ、AUMに対する特定の資産クラスの割合を記載し、その内容を簡潔に説明してください。

分野

投資している資産クラス

0.5 % (AUMの)
0.5 % (AUMの)

簡潔な説明および投資尺度

Investment in energy metering service company.

投資している資産クラス

1 % (AUMの)

簡潔な説明および投資尺度

Wind energy (on-shore and off-shore) and solar parks in wide number of countries

投資している資産クラス

0.5 % (AUMの)

簡潔な説明および投資尺度

Threadneedle Low Carbon Workplace Trust

          Climate and Labour
        

投資している資産クラス

21 % (AUMの)
1 % (AUMの)
2 % (AUMの)
16 % (AUMの)
10 % (AUMの)
1.5 % (AUMの)

簡潔な説明および投資尺度

1) best in class approach in equity portfolios, EMD portfolios, HY portfolio and credit portfolio

2) minimum GRESB star requirements within property portfolio

3) invest 1% of LDI portfolio in green bonds

4) invest 50% of infrastructure portfolio in renewable energy or infrastructure which aims to reduce greenhouse gas emission

15.4. 含めたい補足情報があれば、添付してください。 [任意] 



Top