This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Vaekstfonden

PRI reporting framework 2020

You are in Strategy and Governance » Promoting responsible investment

責任投資の促進

SG 09. Collaborative organisations / initiatives

09.1. 報告年度に組織がメンバーであったり、参加していた協働組織やイニシアチブ、ならびにそこで組織が果たした役割のレベルを選択してください。

当てはまるもの全てを選択してください

イニシアチブにおける組織の報告年度の役割(定義を参照)

組織のイニシアチブへの関与の度合について、簡単に説明してください。[任意]

イニシアチブにおける組織の報告年度の役割(定義を参照)

組織のイニシアチブへの関与の度合について、簡単に説明してください。[任意]

We participate actively in initiatives organized by the UN Global Compact - especially those with a focus on gender diversity, climate, and the SDGs. 


SG 09.2. Assets managed by PRI signatories

外部運用資産のおよそ何パーセント(±5%)がPRI署名者により運用されているかを記入してください。

10 %

SG 10. Promoting RI independently

10.1. 組織が、協働的イニシアチブとは別に、独自に責任投資を推進しているかどうかについて記載して下さい。

10.2. 組織が協働的イニシアチブとは別に、独自に責任投資を推進するために行っているものを明示して下さい。選択した行動の目的に貢献するために組織が果たす役割と通常の行動頻度について説明して下さい。

説明

          Transparency is a keyword in our daily work with the fund managers and companies. Especially when it comes to transparency in fund constructions and cash flow.
        

行動の頻度

説明

          - At UN General Assembly: A panel discussion about sustainability and responsible investments together with among others SAP.
- At a UN Global Compact Denmark event, where our CEO spoke about how to look at and impact investments - especially for start-ups.
- At the annual Danish Folkemøde - a democratic festival. In 2019 Folkemoedet war centered on the SDGs and sustainability. Vaekstfondens chairman of the board and CEO participated in a number of public debates focusing on responsible financing.
        

行動の頻度

10.3. 組織が責任投資の推進のために、報告年度中に参加した追加の活動およびイニシアチブがあれば、それらを記載して下さい。[任意]


SG 11. Dialogue with public policy makers or standard setters

11.1. 報告年度において、責任投資を支援するために、組織が単独で、あるいは他組織との協働により、政策立案者や規制当局との対話を行ったかどうかを記載してください。

はいの場合

11.2. 使用した方法を選択してください。

11.3. (単独でまたは協働により)政府または規制当局に書面を提出した場合、その書面が一般に入手できるかどうかを記載してください。

11.4. 組織が公共政策立案者または規制当局と話し合いを行った主なテーマの概略を記載して下さい。


Top