This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

SANLAM LIFE INSURANCE LIMITED

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Fixed Income » ESG incorporation in actively managed fixed income » (C) Implementation: Integration

C) 実施:ESG問題の統合

FI 10. Integration overview

10.1. ESGを従来の財務分析に統合するアプローチを説明してください。

In order to determine a borrowing rating we consider the following factors:

Environmental - sustainability risks idendified, climate change, energy resource use and pollution management

Social - sustainability risks identified, general stakeholder engagement and management, product responsibility, health and safety, diversity and inclusion

Governance - incentive structures, audit practices, board expertise and independednce, transparency/disclosure, financial policy,business integrity

 

 

10.2. 投資する債券の各種類に対してESG統合アプローチをどのように調整するのか説明してください。

SSA

same as FI 10.1

10.3. 補足情報 [任意]

Same as FI 10.1


FI 11. Integration - ESG information in investment processes

11.1. ESG情報が、通常、投資プロセスの一部としてどのように使用されるのか記載してください。

当てはまるものをすべて選択してください
SSA
ESG分析をファンダメンタル分析に組み込んでいる
ESG分析が発行体の内部信用評価を調整するために利用される
ESG分析が予想財務業績および将来キャッシュフロー予測を調整するために利用される
ESG分析が発行体の同業グループと比較したランキングに影響する
発行体のESG債スプレッドおよび同セクター企業に対するその相対価値が、すべてのリスクが織り込まれているか否かを把握するために分析される
各種デュレーション/満期の発行体債券へのESG分析の影響が分析される。
感度分析およびシナリオ分析が、ベースケースとESG組み込み証券評価の差を比較する評価モデルに適用される
ESG分析が、ポートフォリオのウェイティング決定に組み込まれている
会社、セクター、国、通貨が、ESGエクスポージャーの変化およびリスク制限の違反についてモニタリングされる
ESGリスクが大きい証券についてポートフォリオのESGプロファイルが検討され、ベンチマークのESGプロファイルと比較して評価される
その他(具体的に記載してください)

11.2. 補足情報 [任意]


FI 12. Integration - E,S and G issues reviewed

12.1. 組織の統合プロセスでESG問題をどのように検討するか示してください。

E(環境)
S(社会)
G(ガバナンス)
SSA

E(環境)

S(社会)

G(ガバナンス)

12.2. 組織の統合プロセスでE/S/G要因を検討する方法を詳しく説明してください。

SSA

In order to determine a borrowing rating we consider the following factors:

Environmental: sustainability, climate change, energy resource and management, general management of pollution.

Social:  employee relations, consumer relations, human rights, community and stakeholder relations, product responsibility, health and safety, diversity.

Governance:  incentive structures, audity practices, board expertise and independence, transparency/disclosure, financial policy, business integrity.

12.3. 補足情報 [任意]


Top