This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Fisher Investments

PRI reporting framework 2020

You are in Strategy and Governance » Promoting responsible investment

責任投資の促進

SG 09. Collaborative organisations / initiatives

09.1. 報告年度に組織がメンバーであったり、参加していた協働組織やイニシアチブ、ならびにそこで組織が果たした役割のレベルを選択してください。

当てはまるもの全てを選択してください

イニシアティブにおける組織の報告年度の役割(定義を参照)

組織のイニシアティブへの関与の度合について、簡単に説明してください。[任意]

          Ethical Council Seminar
        

イニシアティブにおける組織の報告年度の役割(定義を参照)

組織のイニシアティブへの関与の度合について、簡単に説明してください。[任意]

          Responsible Investor Conferences in London and Tokyo
        

イニシアティブにおける組織の報告年度の役割(定義を参照)

組織のイニシアティブへの関与の度合について、簡単に説明してください。[任意]

          Green Summit 2018 at University of Liechtenstein
        

イニシアティブにおける組織の報告年度の役割(定義を参照)

組織のイニシアティブへの関与の度合について、簡単に説明してください。[任意]

          Responsible Investment Association Australasia (RIAA) RI Conference
        

イニシアティブにおける組織の報告年度の役割(定義を参照)

組織のイニシアティブへの関与の度合について、簡単に説明してください。[任意]


SG 09.2. Assets managed by PRI signatories (Not Applicable)


SG 10. Promoting RI independently

10.1. 組織が、協働的イニシアチブとは別に、独自に責任投資を推進しているかどうかについて記載して下さい。

10.2. 組織が協働的イニシアチブとは別に、独自に責任投資を推進するために行っているものを明示して下さい。選択した行動の目的に貢献するために組織が果たす役割と通常の行動頻度について説明して下さい。

説明

          Provided analyses to clients relating to ESG and created ad-hoc educational pieces.
        

行動の頻度

説明

          We produce and publish whitepapers that can be distributed to clients and prospective clients.
        

行動の頻度

説明

          Our publicly available ESG policy specifies that we encourage other asset managers to adopt the PRI and provides a link to instructions on how to become a signatory. Further, we discussed the possibility of adopting the PRI with select clients, where appropriate.
        

行動の頻度

説明

          Ken Fisher, founder and co-CIO of FI, published a column on ESG investing in USA Today. The views expressed in this article are Ken's personal views and may not necessarily be those of FI.
        

行動の頻度

説明

          Member of Sustainable Development Goals In Active Ownership Working Group
        

行動の頻度

10.3. 組織が責任投資の推進のために、報告年度中に参加した追加の活動およびイニシアチブがあれば、それらを記載して下さい。[任意]


SG 11. Dialogue with public policy makers or standard setters (Private)


Top