This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Carnegie Fonder AB

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Listed Equity Incorporation » ESG incorporation in actively managed listed equities » Implementation processes » (C) Implementation: Integration of ESG factors

C) 実施: 統合

LEI 08. Review ESG issues while researching companies/sectors

08.1. E・S・Gの各要因が投資分析の一環として体系的に調査されている、アクティブ運用の上場株式ポートフォリオの割合を記載してください。

ESG問題

影響を受ける割合
E(環境)

E(環境)

S(社会)

S(社会)

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

08.2. 補足情報 [任意]


LEI 09. Processes to ensure integration is based on robust analysis

09.1. ESG統合が徹底した分析に基づいていることを確実にするために、組織が使用しているプロセスを記載してください。

09.2. 組織の統合戦略の一環で包括的ESG調査の対象になるアクティブ運用上場株式の割合を記載してください。

09.4. ESG統合戦略に使われる組織内調査を見直す頻度を示してください。

09.5. ポートフォリオ・マネージャーがどのようにしてESG情報を保有し、使っているのか説明してください。

09.6. 補足情報 [任意]

All investment decisions are taken by the fund managers, who conduct their own analysis. Our CF THOR tool integrates sustainability into traditional financial analysis. 

CF THOR is a tool for sustainability analysis developed by Carnegie Fonder's fund managers and analysts in 2019. Its purpose is to identify risks and opportunities from a sustainability perspective, and to develop better talking points in meetings with company management teams.

CF THOR is employed for all holdings, both equities and debt, and uses 100 questions and checkpoints, of which 31 are qualitative and 69 are quantitative. It also considers the companies' de facto work with the 17 Global Sustainable Development Goals.


LEI 10. Aspects of analysis ESG information is integrated into

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

10.1. 投資分析のどの側面にESG情報を統合しているかを記載してください。

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

10.2. ESG情報を適正価値/ファンダメンタル分析および/またはポートフォリオの構築へと統合するプロセスについて、組織でのプロセスの一部となっている手法を選択してください。

10.4. 利益予想/バリュエーションツールの修正に使用した手法を説明してください。

We use our internal ESG analysis tool which identifies risks and opportunities in the company's products and/or strategies in the short, mid and long term which in turn may influence our assumptions around for instance growth or profitability. The conclusions from the tool could also influence valuation multiples due to, for instance, perceived lower or higher investment risk. The impact of any of these adjustments or the influence the ESG analysis has on the valuation is company-specific and we believe it must be, there is no "one-size fits all" with regards to valuation adjustments influenced by ESG considerations.

10.6. 補足情報 [任意]


Top