This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Trusteam Finance

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Listed Equity Incorporation » ESG incorporation in actively managed listed equities

アクティブ運用している上場株式におけるESGの組み入れ

実施プロセス

LEI 01. Percentage of each incorporation strategy

01.1. 以下を記載してください。(1)組織でのアクティブ運用上場株式にどのESG組み入れ戦略や組み合わせを使用しているか(2)アクティブ運用している上場株式の戦略または戦略の組み合わせ別内訳

ESG組み入れ戦略 (当てはまるものをすべてお選びください)
アクティブ運用される上場株式に戦略が適用される割合 (推定 +/- 5%)
100 %
アクティブ運用している上場株式の合計 100%

01.2. 組織が実施しているESG組み入れアプローチ、および、特定のESG組み入れ戦略を選択している場合はその理由を説明してください。

All our equity strategy is based on our ROC (Return On Customer) methodology which makes us invest in the leaders of Customer Satisfaction. For years academic marketing studies have established the strong link between, on the one hand, Customer Satisfaction and Financial Performance and, on the other hand, Customer Satisfaction and CSR performance.

01.3. ESG組み入れ戦略の組み合わせを使用して資産を運用している場合、ESG戦略の組み合わせをどのように使用しているかを簡単に説明してください。 [任意]

Our ROC process combines the three main ESG integration strategy: we first detect the leaders in terms of Customer Satisfaction though customer suveys (positive screening with a thematic biais) and then we analyse the Customer Strategy of these companies. This analysis integrate ESG criteria that influence Customer Satisfaction (ex. S: Employee Satisfaction, G: integration of extra-financial criteria in Remuneration, E: Reduce the environmental footprint of Customers). 


LEI 02. Type of ESG information used in investment decision (Private)


LEI 03. Information from engagement and/or voting used in investment decision-making (Private)


A) 実施:スクリーニング

LEI 04. Types of screening applied

04.1. 組織内でアクティブ運用している上場株式に適用するスクリーニングの種類を記載し、説明してください。

スクリーニングの種類

スクリーニング実行者

説明

We screen the company by choosing the leaders in term of Customer Satisfaction as defined though our ROC Methodology

04.2. スクリーニング基準が変更された場合に顧客や受益者に通知する方法について説明してください。

Critera have been establised after reviewing more then 40 years of academic marketing research that has establised a clear link between Customer Satisfaction, Financial and CSR Performance. We also have partnership with profesionnal marketing research firms (IPSOS, Forrester, Synomia, Toluna, B3TSI),  to help us to update these criteria and be aware of the changes in the best practices. Our day to day interractions with companies are also a rich source of enhacement to test and verify if these critera are relevant. 

We publish once a year a public document on our web site (the Code de Transparence) which notifies our clients of any change in our methodoogy.


LEI 05. Processes to ensure screening is based on robust analysis

05.1. スクリーニングが徹底した分析に基づいていることを確実にするために、組織が使用しているプロセスを選択してください。

05.2. ESGスクリーニング戦略の一環で包括的なESG調査の対象となるアクティブ上場株式ポートフォリオの割合を示してください。

05.3. 第三者のESG評価がスクリーニング目的で更新される頻度を示してください。

05.4. 組織のESGスクリーニングを構築するための組織内リサーチを精査する頻度を示してください。

05.5. 補足情報 [任意]


LEI 06. Processes to ensure fund criteria are not breached (Private)


B) 実施:テーマ

LEI 07. Types of sustainability thematic funds/mandates

07.1. 組織が運用している、サステナビリティをテーマとするファンドやマンデートの種類を記載してください。

07.2. 組織でのサステナビリティをテーマとしたファンドのプロセスについて説明してください。 [任意]

The process is the ROC methodology previously described.


C) 実施: 統合

LEI 08. Review ESG issues while researching companies/sectors

08.1. E・S・Gの各要因が投資分析の一環として体系的に調査されている、アクティブ運用の上場株式ポートフォリオの割合を記載してください。

ESG問題

影響を受ける割合
E(環境)

E(環境)

S(社会)

S(社会)

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

08.2. 補足情報 [任意]


LEI 09. Processes to ensure integration is based on robust analysis

09.1. ESG統合が徹底した分析に基づいていることを確実にするために、組織が使用しているプロセスを記載してください。

09.2. 組織の統合戦略の一環で包括的ESG調査の対象になるアクティブ運用上場株式の割合を記載してください。

09.3. ESG統合戦略に使われる第三者のESG評価が更新される頻度を示してください。

09.4. ESG統合戦略に使われる組織内調査を見直す頻度を示してください。

09.5. ポートフォリオ・マネージャーがどのようにしてESG情報を保有し、使っているのか説明してください。

09.6. 補足情報 [任意]


LEI 10. Aspects of analysis ESG information is integrated into (Private)


Top