This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

DSM Capital Partners LLC

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Listed Equity Incorporation » ESG incorporation in actively managed listed equities

アクティブ運用している上場株式におけるESGの組み入れ

実施プロセス

LEI 01. Percentage of each incorporation strategy

01.1. 以下を記載してください。(1)組織でのアクティブ運用上場株式にどのESG組み入れ戦略や組み合わせを使用しているか(2)アクティブ運用している上場株式の戦略または戦略の組み合わせ別内訳

ESG組み入れ戦略 (当てはまるものをすべてお選びください)
アクティブ運用される上場株式に戦略が適用される割合 (推定 +/- 5%)
100 %
アクティブ運用している上場株式の合計 100%

01.2. 組織が実施しているESG組み入れアプローチ、および、特定のESG組み入れ戦略を選択している場合はその理由を説明してください。

ESG is an important part of DSM’s investment process and is fully integrated into its stock selection, monitoring, and selling processes.  DSM assigns a proprietary ESG score to every company that it researches.  Scores range from 0 to 10 (with 10 being the best), and DSM utilizes MSCI’s ESG Ratings as a starting point to make adjustments to ESG scores across five key categories: environment, customers, human rights / community, labor rights / supply chain, and governance.  These categories are then broken down further into over 20 subcategories.  Each Analyst/Portfolio Manager at DSM completes in-depth research on ESG issues impacting a company and assigns scores using a consistent in-house methodology.  DSM stores all ESG communications and developments in centralized folders so that companies’ ESG histories and DSM’s ESG activities are available to all Analyst/Portfolio Managers.   In addition to weekly updates from MSCI, DSM’s investment team utilizes in-depth ongoing monitoring to identify ESG issues not fully captured by MSCI.

ESG scores are included in DSM’s internal summaries and have an impact on DSM’s investment decisions. ESG considerations and the implementation of ESG scores and in-house research have both kept DSM from investing in certain companies and have led to DSM selling portfolio holdings.

At a client’s request, DSM can apply exclusionary restrictions that accommodate responsible investment considerations and restrictions specified by a client that may generally prohibit the purchase of certain securities, either individually or by region, sector or both.

01.3. ESG組み入れ戦略の組み合わせを使用して資産を運用している場合、ESG戦略の組み合わせをどのように使用しているかを簡単に説明してください。 [任意]


LEI 02. Type of ESG information used in investment decision

02.1. 組織でESG組み入れ戦略に使用しているESG情報およびこの情報の提供者を記載してください。

ESG情報の種類

この情報の提供者を選択してください

この情報の提供者を選択してください

この情報の提供者を選択してください

この情報の提供者を選択してください

この情報の提供者を選択してください

02.2. ブローカーに対しESG調査結果を提供するよう奨励しているかどうかについて記載してください。

02.4. 補足情報 [任意]


LEI 03. Information from engagement and/or voting used in investment decision-making (Private)


C) 実施: 統合

LEI 08. Review ESG issues while researching companies/sectors

08.1. E・S・Gの各要因が投資分析の一環として体系的に調査されている、アクティブ運用の上場株式ポートフォリオの割合を記載してください。

ESG問題

影響を受ける割合
E(環境)

E(環境)

S(社会)

S(社会)

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

08.2. 補足情報 [任意]


LEI 09. Processes to ensure integration is based on robust analysis

09.1. ESG統合が徹底した分析に基づいていることを確実にするために、組織が使用しているプロセスを記載してください。

09.2. 組織の統合戦略の一環で包括的ESG調査の対象になるアクティブ運用上場株式の割合を記載してください。

09.3. ESG統合戦略に使われる第三者のESG評価が更新される頻度を示してください。

09.4. ESG統合戦略に使われる組織内調査を見直す頻度を示してください。

09.5. ポートフォリオ・マネージャーがどのようにしてESG情報を保有し、使っているのか説明してください。

09.6. 補足情報 [任意]


LEI 10. Aspects of analysis ESG information is integrated into (Private)


Top