This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Norwegian Government Pension Fund Norway (Norwegian Ministry of Finance and Folketrygdfondet)

PRI reporting framework 2020

You are in Strategy and Governance » ESG issues in asset allocation

資産配分におけるESG問題

SG 13. ESG issues in strategic asset allocation

13.1. 貴社組織がシナリオ分析および/またはモデリングを実施するか記述してください。実施する場合、 シナリオ分析について説明してください(資産クラス別、セクター別、戦略的資産配分等)。

25語以内で説明してください 。 Folketrygdfondet began carrying out qualitative scenario analysis internally on a sector-level based on insight gleaned from our dialogue with companies in several of the industries named in the TCFD supplemental guidance.

13.2. 組織が戦略的な資産配分やセクターまたは地理的な市場間での資産の配分においてESG問題を考慮しているかどうかを記載してください。

以下を行っている

13.3. 補足情報 [任意]


SG 13 CC.

13.4 CC. 貴社組織が気候関連のリスクおよび機会を管理するためにどのようにシナリオ分析を利用しているかについて(分析がどのように解釈されているか、その結果、将来の計画等)、記述してください。

500語以内で自由に記載

The sector-level analyses were presented to Folketrygdfondet's investment committee as a means of monitoring and assessing portfolio risk.

13.5 CC. この分析をだれが利用するか記述してください。

13.6 CC. 貴社組織がその投資戦略について、投資期間を超えて、気候関連リスクの影響を評価しているか記述してください。

500語以内で自由に記載してください。

To clarify, we understand the question to ask whether Folketrygdfondet has evaluated the potential impact of climate-related risks from events that can occur beyond the investment time horizon (e.g. migration due to the physical effects of climate change). 

Folketrygdfondet’s mandate provides the starting point for the assessment of portfolio risk, including climate risk. As a long-term, active investor, Folketrygdfondet measures excess return relative to its benchmark index. As an active manager, Folketrygdfondet has the opportunity to adapt portfolio weightings in response to changes in the financial risk profile. For events that occur beyond our investment time horizon, these can be factored into our investment strategy only insofar as we are able to assess whether current market prices accurately reflect future climate risk. An example would be our assessment of companies within an industry with an uncertain decarbonization pathway, e.g. in which the technology required in 2050 is not yet available. Folketrygdfondet's role as an active manager in this case is to analyze (where possible) the extent to which our expectations about individual companies' ability to navigate this type of technological uncertainty are accurately reflected in current asset prices. 

13.7 CC. 一定の範囲の気候シナリオを利用しているか記述してください。

13.8 CC. 貴社組織が用いる気候シナリオについて記述してください。

提供者
使用するシナリオ
IEA
IEA
IEA
IEA
IEA
IRENA
グリーンピース
持続的発展研究所
ブルームバーグ
IPCC
IPCC
IPCC
IPCC
その他

その他 (1) 具体的に記入してください:

          2-3 stylized scenarios
        
その他
その他

SG 14. Long term investment risks and opportunity

14.1. 一部の投資リスクと機会は長期トレンドの結果として発生します。貴社では、以下のどの項目について考慮するか明示してください。

14.2. 気候に関するリスクと機会に対応して組織で実施されている活動を選択してください。

具体的に記入してください

          Engaged in dialogue with companies in sectors more likely to be exposed to climate risk, to learn which threats and opportunities they have identified.
        

14.3. 次のツールの中から気候関連リスクと機会の管理に組織が用いているものを選択してください。

14.4. 排出量リスクの開示を選択した場合、採用している開示方法またはそのフレームワークの中で気候関連のものを挙げてください。

Folketrygdfondet's annual and ownership report includes a TCFD index, which lists where the reader can find our responses to the recommended disclosures.

14.5. 補足情報 [任意]


SG 14 CC.

14.6 CC. 気候に関連するリスクと機会を評価するために使用されるこれらの重要な指標についての詳細を記入してください。

指標の種類
カバレッジ
目的
指標の単位
方法
加重平均炭素濃度
          TCFD-recommended disclosure
        
          20.70
        
          weighted average tonne CO2e/million NOK
        
カーボンフットプリント(スコープ1と2)
          TCFD-recommended disclosure
        
          18.23
        
          tonne CO2e/million NOK invested
        
ポートフォリオのカーボンフットプリント
          TCFD-recommended disclosure
        
          18.23
        
          tonne CO2e/million NOK invested
        
総炭素排出量
          TCFD-recommended disclosure
        
          3,819,713
        
          tonne CO2e
        
炭素濃度
          TCFD-recommended disclosure
        
          35.30
        
          tonne/million NOK revenue
        

14.8 CC. 気候関連のリスクが全体のリスク管理に組み込まれているかどうか記述してください。また、気候関連リスクを特定、評価、管理するために利用されたリスク管理プロセスについて説明してください。

500語以内で自由に記述。

Folketrygdfondet's investment strategy and unique characteristics argue in favor of beginning an assessment of climate risk in the portfolio through a "bottom-up" perspective. To that end, in 2019 we engaged in collaborative active ownership with several Norwegian investors with companies in industries the TCFD identifies as particularly exposed to climate risk. Climate risk is also a topic of discussion in Folketrygdfondet's ongoing dialogue with management in portfolio companies. We use insight from the dialogue with portfolio companies in our continuing work to assess climate risk in the portfolio under various scenarios.

14.9 CC. 貴社組織がTCFD採用を促すアクティブオーナーシップ活動を行うか記述してください。

説明してください。

See answer to 14.8 CC. In 2019, Folketrygdfondet engaged in dialogue with portfolio companies both as a means of better understanding climate risk in the portfolio, and to communicate our expectation that companies assess and manage climate risks.

 


SG 15. Allocation of assets to environmental and social themed areas

15.1. 貴社にて、特定の環境および社会をテーマとする分野に基づいてファンドに資産を配分したり、ファンドを運用しているかどうかについて明示してください。

15.4. 含めたい補足情報があれば、添付してください。 [任意] 



Top