This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Church of Sweden

PRI reporting framework 2020

You are in Strategy and Governance » Communication

コミュニケーション

SG 19. Communication

19.1. 組織が通常、積極的に資産クラス固有の情報を開示しているか示してください。クライアントや受益者や一般への開示頻度を選択し、公開情報を掲載するURLを示してください。

外部運用会社の選定、指名やモニタリング

開示しますか。

クライアントや受益者に開示される情報は同じです

一般開示する場合とその掲載URL

一般開示する場合とその掲載URL

上場株式企業へのエンゲージメント

開示しますか。

クライアントや受益者に開示される情報は同じです

一般開示する場合とその掲載URL

一般開示する場合とその掲載URL

19.2. 補足情報[任意]

In 2019 we had no severe incidents or breaches of international norms in our portfolio holdings, so we did not carry out any engagements. however, we subscribe to an engagement service who takes care of the initial contacts with the companies when an incident has been reported. Since our portfolio is limited to about 400 holdings with high ESG standards and low carbon intensity, we seldom get any cases which require action from our behalf. Should there be a case, we would engage and report on it.


Top