This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Local Pensions Partnership

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Listed Equity Incorporation » ESG incorporation in actively managed listed equities » Implementation processes » (C) Implementation: Integration of ESG factors

C) 実施: 統合

LEI 08. Review ESG issues while researching companies/sectors

08.1. E・S・Gの各要因が投資分析の一環として体系的に調査されている、アクティブ運用の上場株式ポートフォリオの割合を記載してください。

ESG問題

影響を受ける割合
E(環境)

E(環境)

S(社会)

S(社会)

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

08.2. 補足情報 [任意]

A systematic review of Environmental, Social and Governance issues is routinely undertaken as part of the due diligence which precedes a final decision being made on whether to add a new stock to the internally managed portfolio. For externally managed funds, monitoring of ESG characteristics takes place quarterly.


LEI 09. Processes to ensure integration is based on robust analysis

09.1. ESG統合が徹底した分析に基づいていることを確実にするために、組織が使用しているプロセスを記載してください。

          Material risks identified as part ESG research are evaluated and presented within the papers which support and inform investment decision-making.
        

09.2. 組織の統合戦略の一環で包括的ESG調査の対象になるアクティブ運用上場株式の割合を記載してください。

09.3. ESG統合戦略に使われる第三者のESG評価が更新される頻度を示してください。

09.5. ポートフォリオ・マネージャーがどのようにしてESG情報を保有し、使っているのか説明してください。

09.6. 補足情報 [任意]


LEI 10. Aspects of analysis ESG information is integrated into

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

10.1. 投資分析のどの側面にESG情報を統合しているかを記載してください。

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

10.2. ESG情報を適正価値/ファンダメンタル分析および/またはポートフォリオの構築へと統合するプロセスについて、組織でのプロセスの一部となっている手法を選択してください。

10.4. 利益予想/バリュエーションツールの修正に使用した手法を説明してください。

ESG information is routinely incorporated into LPPI's fundamental analysis and in this way it influences our view of the fair value of all stocks within the internally managed portfolio.

When we undertake analysis our research of all factors (including ESG) is focussed on helping us to form a view on current and future key value drivers, including:

  • the quantum of future cash flows;
  • the timing of these cash flows;
  • the appropriate discount rate.

LPPI evaluates material matters for individual companies case by case .  Any concerns we identify (for example around governance) will influence the discount rate we consider appropriate and directly impact our view of fair value.

 

10.6. 補足情報 [任意]


Top