This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Carnot Capital AG

PRI reporting framework 2020

You are in Organisational Overview » Basic information

基本情報

OO 01. Signatory category and services

01.1. 組織が提供している サービスおよびファンドを選択してください。

組織が提供しているサービスおよびファンドを選択してください。
運用資産(AUM)に占める割合(%)
ファンドの運用
ファンドオブファンズ、マネージャーオブマネージャーズ、サブアドバイザー商品
その他(具体的に記入してください)
合計100%

投資マネージャーが(上記のオプションに加えて)選択できます。

01.2. 追加情報 [任意]

Carnot Capital is an investment management company, specialized in the area of energy and resource efficiency. We founded the company in 2007 in Zurich and received 2013 the permission as an asset manager for collective investments by the Swiss Financial Markets Supervisory Authority FINMA.

We manage the equity funds Carnot Efficient Energy and Carnot Efficient Resources performing a sustainability examination ESG. We buy stocks of listed companies with products and technologies, that lower the consumption of natural resources. Due to rising scarcity and increasing environmental problems, those companies profit from structural growth. The stock picking is based on a value approach, where the quality of the company is central. We only invest in established, profitable companies with strong balance sheets.

Carnot Impact Investing is a blended approach, which differentiates itself through financial as well as social performance and by combining these two qualities and revealing the positive effects they have achieved (impact from ESG & SDG mapping).

The name Carnot Capital refers to the French physicist Nicolas Léonard Sadi Carnot (1796 - 1834) who was able to define the maximum physical efficiency of a steam engine. Improving energy efficiency is nothing more than increasing the level of efficiency when converting primary energy to useable energy. To a certain extent, we relate maximizing the degree of efficiency to our investment activities as well: Applying strict risk-return criteria and that's why our creed is: Investments featuring a maximum degree of efficiency.


OO 02. Headquarters and operational countries

02.1. 組織の拠点がある場所を選択してください。

Switzerland

02.2. オフィスが所在している国数を記載してください(本部を含む)。

02.3. 組織が正規雇用しているスタッフのおおよその人数を記載してください。

5 正規職員

02.4. 補足情報 [任意]


OO 03. Subsidiaries that are separate PRI signatories

03.1. 組織内に単独でPRI署名機関となっている子会社があるかどうかを記載してください。

03.3. 補足情報 [任意]


OO 04. Reporting year and AUM

04.1. 報告年度の最終日を記載してください。

30/06/2019

04.2. 報告年度末のAUM合計を記載してください。

子会社のAUM(顧問業務/執行のみの資産を除きます)を含みますが、(OO 03.2で「いいえ」と回答した)報告しないことを選択したPRIの署名機関である子会社のAUMを除きます。
Total AUM
10億 100万
Currency
Assets in USD
10億 100万

04.4. 執行および顧問業務サービスを利用して運用する資産の報告年度末時点のAUM合計を記載してください。

04.5. 補足情報 [任意]


OO 06. How would you like to disclose your asset class mix

06.1. どのように資産クラス構成を開示したいかについて記載してください。

組織内で運用
組織外で運用

 

上場株式 >50% 97 0 0
債券 0 0 0 0
プライベートエクイティ 0 0 0 0
不動産 0 0 0 0
インフラ 0 0 0 0
コモディティ 0 0 0 0
ヘッジファンド 0 0 0 0
ファンドオブヘッジファンズ 0 0 0 0
森林 0 0 0 0
農地 0 0 0 0
包括的な金融 0 0 0 0
現金 <10% 3 0 0
短期金融市場商品 0 0 0 0
その他(1)(以下に具体的に記入してください) 0 0 0 0
その他(2)(以下に具体的に記入してください) 0 0 0 0

06.2. 添付の画像に従って組織の資産クラス構成を公表する

06.3. 組織にオフバランスシート資産はありますか?

06.5. 組織がフィデューシャリー・マネージャーを使うかどうかを記載してください。

06.6. AUM資産クラス分割について説明する情報を記載してください。 [任意]


OO 07. Fixed income AUM breakdown (Not Applicable)


OO 08. Segregated mandates or pooled funds (Not Applicable)


OO 09. Breakdown of AUM by market

09.1. 組織のAUMの内訳を市場別に示してください。

100 先進国市場
0 新興国市場
0 フロンティア
0 その他の市場
合計100% 100%

09.2. 補足情報 [任意]


Top