This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

CBL Asset management

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Fixed Income » ESG incorporation in actively managed fixed income

アクティブ運用している債券におけるESGの組み入れ

実施プロセス

FI 01. Incorporation strategies applied

以下を記載してください。 (1)組織でアクティブ運用する債券投資について、どのESG組み入れ戦略や組み合わせを使用しているか(2)各戦略が適用されるアクティブ運用債券投資合計の割合(+/- 5%)
SSA
0 スクリーニングのみ
0 テーマのみ
100 統合のみ
0 スクリーニング + 統合戦略
0 テーマ + 統合戦略
0 スクリーニング + テーマ戦略
0 3つの戦略すべての組み合わせ
0 組み入れ戦略を適用していない
100%
社債(金融)
0 スクリーニングのみ
0 テーマのみ
100 統合のみ
0 スクリーニング + 統合戦略
0 テーマ + 統合戦略
0 スクリーニング + テーマ戦略
0 3つの戦略すべての組み合わせ
0 組み入れ戦略を適用していない
100%
社債(非金融)
0 スクリーニングのみ
0 テーマのみ
0 統合のみ
100 スクリーニング + 統合戦略
0 テーマ + 統合戦略
0 スクリーニング + テーマ戦略
0 3つの戦略すべての組み合わせ
0 組み入れ戦略を適用していない
100%

01.2. 特定のESG組み入れ戦略を選択している理由と、使用する戦略の組み合わせを説明してください。

We incorporate ESG information in all our fixed income investments by aligning the internal rating that we consider for a particular security. Screening is done as a negative screen for the activities that we do not support.

01.3. 補足情報 [任意]


FI 02. ESG issues and issuer research (Private)


FI 03. Processes to ensure analysis is robust

03.1. 組織のESG調査プロセスの堅牢性を確保する方法を記載してください。

具体的に記載してください

          The ESG rating provider have developed materiality framework and updates the rating on monthly basis, which we use and update regularly.
        

03.2. ESG情報または分析を投資チーム内で共有する方法を記載してください。

03.3. 補足情報 [任意]


A) 実施:スクリーニング

FI 04. Types of screening applied

04.1. 実施するスクリーニングの種類を記載してください。

当てはまる項目を全てを選択してください
社債(非金融)
ネガティブ/ 排他的スクリーニング
ポジティブ/業界最高のスクリーニング
基準に基づくスクリーニング

04.2. 組織内でアクティブ運用している債券に適用するスクリーニングのアプローチを記載してください。

To avoid financing of an entity that has a clearly negative impact on the community and environment, the Company particularly distances itself from investments in entities which are included in the EU sanctions lists or whose core business activity is related to pornography and production and development of inhumane weapons

04.3. 補足情報 [任意]


FI 05. Examples of ESG factors in screening process (Not Completed)


FI 06. Screening - ensuring criteria are met

06.1. 債券投資においてファンドスクリーニングの基準に違反がないことを確認するために組織が使用しているシステムを記載してください。

スクリーニングの種類
ネガティブ/排他的スクリーニング​

06.2. 補足情報 [任意]


C) 実施:ESG問題の統合

FI 10. Integration overview

10.1. ESGを従来の財務分析に統合するアプローチを説明してください。

We adjust the internal rating based on absolute and relative ESG performance of the issuer. The internal rating can be both upgraded and downgraded. It is fully integrated into overall financial and operational evaluation of the issuer.

10.2. 投資する債券の各種類に対してESG統合アプローチをどのように調整するのか説明してください。

SSA

We adjust the internal rating based on relative ESG performance of the issuer. The internal rating can be both upgraded and downgraded. It is fully integrated into overall financial and operational evaluation of the country.

社債(金融)

We adjust the internal rating based on absolute and relative ESG performance of the issuer. The internal rating can be both upgraded and downgraded. It is fully integrated into overall financial and operational evaluation of the issuer.

社債(非金融)

We adjust the internal rating based on absolute and relative ESG performance of the issuer. The internal rating can be both upgraded and downgraded. It is fully integrated into overall financial and operational evaluation of the issuer.

10.3. 補足情報 [任意]


FI 11. Integration - ESG information in investment processes

11.1. ESG情報が、通常、投資プロセスの一部としてどのように使用されるのか記載してください。

当てはまるものをすべて選択してください
SSA
社債(金融)
社債(非金融)
ESG分析をファンダメンタル分析に組み込んでいる
ESG分析が発行体の内部信用評価を調整するために利用される
ESG分析が予想財務業績および将来キャッシュフロー予測を調整するために利用される
ESG分析が発行体の同業グループと比較したランキングに影響する
発行体のESG債スプレッドおよび同セクター企業に対するその相対価値が、すべてのリスクが織り込まれているか否かを把握するために分析される
各種デュレーション/満期の発行体債券へのESG分析の影響が分析される。
感度分析およびシナリオ分析が、ベースケースとESG組み込み証券評価の差を比較する評価モデルに適用される
ESG分析が、ポートフォリオのウェイティング決定に組み込まれている
会社、セクター、国、通貨が、ESGエクスポージャーの変化およびリスク制限の違反についてモニタリングされる
ESGリスクが大きい証券についてポートフォリオのESGプロファイルが検討され、ベンチマークのESGプロファイルと比較して評価される
その他(具体的に記載してください)

11.2. 補足情報 [任意]


FI 12. Integration - E,S and G issues reviewed

12.1. 組織の統合プロセスでESG問題をどのように検討するか示してください。

E(環境)
S(社会)
G(ガバナンス)
SSA

E(環境)

S(社会)

G(ガバナンス)

社債(金融)

E(環境)

S(社会)

G(ガバナンス)

社債(非金融)

E(環境)

S(社会)

G(ガバナンス)

12.2. 組織の統合プロセスでE/S/G要因を検討する方法を詳しく説明してください。

SSA

We review all of the ESG factors together on quarterly basis.

社債(金融)

We review all of the ESG factors together mostly on quarterly basis.

社債(非金融)

We review all of the ESG factors together mostly on quarterly basis.

12.3. 補足情報 [任意]


Top