This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Generation Investment Management LLP

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Listed Equity Active Ownership » (Proxy) voting and shareholder resolutions

(委任状による)議決権行使および株主決議

LEA 12. Typical approach to (proxy) voting decisions

12.1. (委任状による)議決権行使を通常どのように決定しているかを明示して下さい。

アプローチ

以下に基づいて行う

12.2. 合意された議決権ポリシーがどのように遵守されているかを概観し、ポリシーの例外が適用された場合(該当する場合)のアプローチの詳細を示してください。

We use ISS as our proxy voting platform, but we our analysts are responsible for voting decisions, although they have access to the research of ISS. We are fortunate that analysts believe in being responsible shareholders and are supported and held accountable by their colleagues. This means that we do not need to have a process to enforce it as our investment process is self-regulating.

12.3. 補足情報[任意]


LEA 13. Percentage of voting recommendations reviewed (Not Applicable)


LEA 14. Securities lending programme

14.1. 貴社では、セキュリティーズレンディングを設定していますか?

14.2. 貴社がセキュリティーズレンディングをしていない理由を説明してください。(最大500語)

We do not stock lend from any of the Generation pooled funds. Where our segregated account clients have made arrangements to stock lend from their own portfolios and have requested us to vote their proxies, and specifically in instances where we are choosing to vote against management, we can, on a best endeavours basis, work with their stock lending agent to recall lent stock in order to vote.

14.4. 補足情報 [任意]


LEA 15. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

15.1. 報告年度内に関与した議決権行使のうち、貴社、または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが議決権行使に先立って企業に懸念を表明したものの割合を示してください。

15.3. 補足情報 [任意]


LEA 16. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

16.1. 貴社または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが、議決権行使を棄権する場合、または経営陣の提案に反対票を投じる場合に、当該企業にその根拠を伝えた議決権の割合を示してください。これは行使可能な全議決権の中で占める割合とします。

16.3. 貴社が議決権行使を棄権するまたは経営陣の提案に反対票を投じる根拠を伝える場合、この根拠を公表しているか示してください。

16.4. 補足情報[任意]


LEA 17. Percentage of (proxy) votes cast

17.1. 貴社やサービスプロバイダーが(代理)投票の指示を発行するマンデートを有している上場株式について、報告年度中に行った投票の割合を記載してください。

1%単位の投票率

91 %

この投票率の計算基準を明記してください

17.2. 一定の株式保有分について議決権を行使しない理由を説明して下さい:

While we endeavor to vote 100% of our proxies, a proportion of votes were not cast as a result of operational issues. We have reviewed the issues and implemented changes in order to mitigate the risk of this happening in future.

 

17.3. 補足情報[任意]


LEA 18. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

18.1. 貴社または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが出した議決権行使に係る指示を追跡しているか示してください。

18.2. 貴社または貴社の代理を務める第三者が出した議決権行使に係る指示のうち、各投票項目の占める割合を示してください。

議決権行使に係る指示の対象
投票の内訳(%)
経営陣の提案に対する賛成票
96 %
経営陣の提案に対する反対票
3 %
棄権
1 %
100%

18.3. 貴社が経営陣の提案に対する反対票を投じたケースにおいて、貴社がエンゲージメントを行った企業の占める割合を示してください。

100

18.4. 補足情報 [任意]

For votes against management, these were mostly related to director elections. 


LEA 19. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

19.1. 不首尾に終わった議決権行使後の正式なエスカレーション戦略が貴社にあるか示してください。

19.3. 補足情報 [任意]


LEA 20. Shareholder resolutions

20.1. 貴社が報告年度中に、直接もしくはサービスプロバイダーを介して、ESG株主決議を提出または共同提出したか示してください。

20.7. 補足情報[任意] 


LEA 21. Examples of (proxy) voting activities

21.1. 報告年度に貴社またはサービスプロバイダーが実行した(委任状による)議決権行使の例を提供してください。

ESGトピック
Diversity
意思決定者
目的

Shareholder resolution regarding the estalishment of a report including diversity metrics.

対象範囲およびプロセス

We voted for the resolution and also engaged with the management team and will continue to do so over the course of 2020.

結果
ESGトピック
General ESG
意思決定者
目的

Shareholder resolution on reporting on sustainability report.

対象範囲およびプロセス

We voted in favour of the resolution (against management).

結果
ESGトピック
Executive Remuneration
意思決定者
目的

Vote regarding approval of executives compensation.

対象範囲およびプロセス

We voted against management.

結果

21.2. 補足情報[任意]

As discussed, our voting occurs in tandem with engagement. Our objective is to enforce our views via our voting, sending a signal to both the company and other shareholders.


Top