This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

C WorldWide Asset Management

PRI reporting framework 2020

You are in Direct - Listed Equity Active Ownership » (Proxy) voting and shareholder resolutions

(委任状による)議決権行使および株主決議

LEA 12. Typical approach to (proxy) voting decisions

12.1. (委任状による)議決権行使を通常どのように決定しているかを明示して下さい。

アプローチ

以下に基づいて行う

12.2. 合意された議決権ポリシーがどのように遵守されているかを概観し、ポリシーの例外が適用された場合(該当する場合)のアプローチの詳細を示してください。

Our voting policy clearly describes how we vote and in which cases. We ensure that our agreed-upon voting policy is adhered to by ensuring that our policy is fully aligned with our investment process (both portfolio management and fundamental research) and is thus an integral part of the ongoing review of the companies we are invested in.

We have not experienced cases where we had to make exceptions to our policy.

12.3. 補足情報[任意]


LEA 13. Percentage of voting recommendations reviewed (Not Applicable)


LEA 14. Securities lending programme

14.1. 貴社では、セキュリティーズレンディングを設定していますか?

14.2. 貴社がセキュリティーズレンディングをしていない理由を説明してください。(最大500語)

It is not part of the overall business strategy of our organisation.

14.4. 補足情報 [任意]


LEA 15. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

15.1. 報告年度内に関与した議決権行使のうち、貴社、または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが議決権行使に先立って企業に懸念を表明したものの割合を示してください。

15.2. これらの企業に対し、議決権行使に先立って懸念を表明した理由を示してください。

15.3. 補足情報 [任意]


LEA 16. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

16.1. 貴社または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが、議決権行使を棄権する場合、または経営陣の提案に反対票を投じる場合に、当該企業にその根拠を伝えた議決権の割合を示してください。これは行使可能な全議決権の中で占める割合とします。

16.2. 貴社が議決権行使を棄権する場合、または経営陣の提案に反対票を投じる場合に、企業にその根拠を伝える理由を示してください。

16.3. 貴社が議決権行使を棄権するまたは経営陣の提案に反対票を投じる根拠を伝える場合、この根拠を公表しているか示してください。

16.4. 補足情報[任意]


LEA 17. Percentage of (proxy) votes cast

17.1. 貴社やサービスプロバイダーが(代理)投票の指示を発行するマンデートを有している上場株式について、報告年度中に行った投票の割合を記載してください。

1%単位の投票率

81 %

この投票率の計算基準を明記してください

17.2. 一定の株式保有分について議決権を行使しない理由を説明して下さい:

17.3. 補足情報[任意]

Even though our proportion of votes cast has increased significantly during 2019, there are instances were certain instances where we did not vote. This could e.g. be that the costs associated with the voting is too high compared to the position of the investee company, or that that increased requirements for documents is too large compared to the stock or market position.


LEA 18. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

18.1. 貴社または貴社の代理を務めるサービスプロバイダーが出した議決権行使に係る指示を追跡しているか示してください。

18.2. 貴社または貴社の代理を務める第三者が出した議決権行使に係る指示のうち、各投票項目の占める割合を示してください。

議決権行使に係る指示の対象
投票の内訳(%)
経営陣の提案に対する賛成票
90 %
経営陣の提案に対する反対票
7 %
棄権
3 %
100%

18.3. 貴社が経営陣の提案に対する反対票を投じたケースにおいて、貴社がエンゲージメントを行った企業の占める割合を示してください。

35

18.4. 補足情報 [任意]


LEA 19. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

19.1. 不首尾に終わった議決権行使後の正式なエスカレーション戦略が貴社にあるか示してください。

19.2. 棄権後、または経営陣に反対する票を投じた後に貴社が用いるエスカレーション戦略を示してください。

19.3. 補足情報 [任意]


LEA 20. Shareholder resolutions

20.1. 貴社が報告年度中に、直接もしくはサービスプロバイダーを介して、ESG株主決議を提出または共同提出したか示してください。

20.7. 補足情報[任意] 


LEA 21. Examples of (proxy) voting activities

21.1. 報告年度に貴社またはサービスプロバイダーが実行した(委任状による)議決権行使の例を提供してください。

ESGトピック
Company leadership issues|Other governance
意思決定者
目的

Independent board chairman

対象範囲およびプロセス

This item is generally an issue for American companies. We fundamentally believe that the best management requires the CEO and the Chairman roles to be separate why we support agenda items that suggest this independence.

結果
ESGトピック
Human rights|General ESG|Diversity|Health and Safety|Sustainability reporting
意思決定者
目的

Transparency in ESG matters

対象範囲およびプロセス

Through voting we try to influence the company to change some of their practices especially within ESG matters such as transparency and to have the companies report on specific issues such as diversity, lobbying, sexual harassment, and climate change.

 

結果
ESGトピック
Climate Change|Pollution
意思決定者
目的

Energy sector

Increased disclosure on pollution and climate related risks.

 

対象範囲およびプロセス

Although climate related risks are typically already discussed in annual reports for companies in this sector, there remains room for improvements when it comes to additional disclosures. This is therefore something we focus on, but sometimes shareholder proposals have a hint of micromanagement. In such cases, we typically would agree with management that e.g. separate committees do not necessarily improve risk management regarding establishing environmental board oversight. As well we for propose companies to report on risks of petrochemical operations in flood prone areas.

結果

21.2. 補足情報[任意]


Top