This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Swen Capital Partners

PRI reporting framework 2019

You are in Organisational Overview » Basic information

基本情報

OO 01. Signatory category and services

01.1. Select the services and funds you offer

組織が提供しているサービスおよびファンドを選択してください。
運用資産(AUM)に占める割合(%)
ファンドの運用
ファンドオブファンズ、マネージャーオブマネージャーズ、サブアドバイザー商品
その他(具体的に記入してください)
合計100%

投資マネージャーが(上記のオプションに加えて)選択できます。

01.2. 追加情報 [任意]

As subsidiary of the OFI AM groups (MACIF, MATMUT and health insurers that are members of the FFA and the FNMF), and Federal Finance Gestion (Arkéa Investment Services), SWEN Capital Partners has from the outset shared the values ​​of the mutuality of its two founding groups. 

Active in the sectors of Private Equity, Private Debt and Infrastructure, SWEN Capital Partners invests through the following operations: "Primary" (selection of funds), "Secondary" (redemptions or fund portfolios) and "direct investments" (acquisition of direct equity stakes alongside managing partners or mezzanine managers). SWEN Capital Partners offers a wide range of open and dedicated investment programmes for institutional and retail clients, as well as value-added services for portfolio monitoring and follow-up. 

As a PRI signatory, SWEN Capital Partners has deployed an active and rigorous responsible investment approach since 2012 and is convinced that the integration of ESG issues in business management contributes to creating more value and better risk management. The integration of ESG criteria is taken into account throughout the whole investment process (pre-investment, investment, holding period). SWEN CP's Responsible Investment strategy and approach is publicly available on its website in its Responsible Investment Policy, Charter and in its Energy and Climate Transition reporting (in compliance with French regulation – article 173 de la LTEE)

SWEN CP also acts as an active promoter of responsible investment practices within sector-specific initiatives and throughout the publication of ESG studies.

The team consists of 36 people with over 15 years of private equity and infrastructure experience backed by the support functions of its shareholders. The professional background of this stable and experienced team is a valuable asset to understand the needs and restrictions of its clients which are mainly comprised of insurance companies, mutual companies, banks, pension funds, state-owned banks, etc.

 


OO 02. Headquarters and operational countries

02.1. 組織の拠点がある場所を選択してください。

France

02.2. オフィスが所在している国数を記載してください(本部を含む)。

02.3. 組織が正規雇用しているスタッフのおおよその人数を記載してください。

36 正規職員

02.4. 補足情報 [任意]


OO 03. Subsidiaries that are separate PRI signatories

03.1. 組織内に単独でPRI署名機関となっている子会社があるかどうかを記載してください。

03.3. 補足情報 [任意]


OO 04. Reporting year and AUM

04.1. 報告年度の最終日を記載してください。

31/12/2018

04.2. 報告年度末のAUM合計を記載してください。

子会社のAUM(顧問業務/執行のみの資産を除きます)を含みますが、(OO 03.2で「いいえ」と回答した)報告しないことを選択したPRIの署名機関である子会社のAUMを除きます。
Total AUM
10億 100万
Currency
Assets in USD
10億 100万

04.4. 執行および顧問業務サービスを利用して運用する資産の報告年度末時点のAUM合計を記載してください。

Total AUM
10億 100万
Currency
Assets in USD
10億 100万

04.5. 補足情報 [任意]


OO 06. How would you like to disclose your asset class mix

06.1. どのように資産クラス構成を開示したいかについて記載してください。

組織内で運用
組織外で運用

 

上場株式 0 0 0 0
債券 <10% 2 <10% 8
プライベートエクイティ <10% 5 10-50% 44
不動産 0 0 0 0
インフラ <10% 6 10-50% 35
コモディティ 0 0 0 0
ヘッジファンド 0 0 0 0
ファンドオブヘッジファンズ 0 0 0 0
森林 0 0 0 0
農地 0 0 0 0
包括的な金融 0 0 0 0
現金 0 0 0 0
短期金融市場商品 0 0 0 0
その他(1)(以下に具体的に記入してください) 0 0 0 0
その他(2)(以下に具体的に記入してください) 0 0 0 0

06.2. 添付の画像に従って組織の資産クラス構成を公表する

06.3. 組織にオフバランスシート資産はありますか?

06.5. 組織がフィデューシャリー・マネージャーを使うかどうかを記載してください。

06.6. AUM資産クラス分割について説明する情報を記載してください。 [任意]


OO 07. Fixed income AUM breakdown

07.1. 以下のカテゴリを使用して、報告年度末時点の組織の債券AUMを5%単位での概算内訳を記載してください。

組織内で運用

0 SSA
0 社債(金融)
100 社債(非金融)
0 証券化商品
債券AUM合計 100%

組織外で運用

0 SSA
0 社債(金融)
100 社債(非金融)
0 証券化商品
債券AUM合計 100%

OO 08. Segregated mandates or pooled funds

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。
組織外で運用する資産の内、分離型マンデートとプール型ファンドの内訳を明示して下さい。
資産クラスの内訳
分離型マンデート
プール型ファンド​
資産クラス合計(各行が100%にならなければいけません)
[d] 債券 – 社債 (非金融)
100%
[f] プライベートエクイティ
100%
[h] インフラ
100%

08.2. 補足情報 [任意]


OO 09. Breakdown of AUM by market

09.1. 組織のAUMの内訳を市場別に示してください。

94.9 先進国市場
3.7 新興国市場
1.1 フロンティア
0.3 その他の市場
合計100% 100%

09.2. 補足情報 [任意]


Top