This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

TPT Retirement Solutions

PRI reporting framework 2019

You are in Organisational Overview » Basic information

基本情報

OO 01. Signatory category and services

01.1. 組織または組織が提供するサービスに最もよく当てはまる種類を選択してください。

01.3. 補足情報 [任意]


OO 02. Headquarters and operational countries

02.1. 組織の拠点がある場所を選択してください。

United Kingdom

02.2. オフィスが所在している国数を記載してください(本部を含む)。

02.3. 組織が正規雇用しているスタッフのおおよその人数を記載してください。

164 正規職員

02.4. 補足情報 [任意]

TPT Retirement Solution's head office is located in Leeds.  There is an Investment Team located in London and a small office in Scotland to service certain clients.


OO 03. Subsidiaries that are separate PRI signatories

03.1. 組織内に単独でPRI署名機関となっている子会社があるかどうかを記載してください。

03.3. 補足情報 [任意]


OO 04. Reporting year and AUM

04.1. 報告年度の最終日を記載してください。

30/09/2018

04.2. 報告年度末のAUM合計を記載してください。

子会社のAUM(顧問業務/執行のみの資産を除きます)を含みますが、(OO 03.2で「いいえ」と回答した)報告しないことを選択したPRIの署名機関である子会社のAUMを除きます。
Total AUM
10億 100万
Currency
Assets in USD
10億 100万

04.5. 補足情報 [任意]


OO 06. How would you like to disclose your asset class mix

06.1. どのように資産クラス構成を開示したいかについて記載してください。

組織内で運用
組織外で運用

 

上場株式 0 0 10-50% 19.75
債券 0 0 10-50% 41.12
プライベートエクイティ 0 0 0 0
不動産 0 0 <10% 4.18
インフラ 0 0 <10% 3.08
コモディティ 0 0 0 0
ヘッジファンド 0 0 10-50% 11.4
ファンドオブヘッジファンズ 0 0 <10% 2.21
森林 0 0 0 0
農地 0 0 0 0
包括的な金融 0 0 0 0
現金 0 0 <10% 3
短期金融市場商品 0 0 0 0
その他(1)(以下に具体的に記入してください) 0 0 <10% 9.94
その他(2)(以下に具体的に記入してください) 0 0 <10% 5.31

‘その他(1)’を具体的に記入してください

          Assets in respect of Defined Contribution Schemes
        

‘その他(2)’を具体的に記入してください

          Buy-in policies and fiduciary mandate
        

06.2. 添付の画像に従って組織の資産クラス構成を公表する

06.3. 組織にオフバランスシート資産はありますか?

06.5. 組織がフィデューシャリー・マネージャーを使うかどうかを記載してください。

06.6. AUM資産クラス分割について説明する情報を記載してください。 [任意]

Our strategic aim for Defined Benefit (DB) growth assets is to diversify away from equities.  We allocate to growth assets using five sub-portfolios, which do not necessarily fit well with the categories provided in the list above.  We believe that the classification of our sub-portfolios best reflects that return characteristics of the group of assets in the underlying funds.

1. Equity

Investments in this sub-portfolio give schemes exposure to the equity risk premium, the additional rate of return investors require to compensate them for the risk of holding stocks as compared with holding a "risk free" asset. 

2. Credit

Investments in this sub-portfolio give schemes exposure to the credit risk premium.  This typically means investing in debt instruments that earn a return over the risk free rate (such as UK government bonds) in compensation for assuming the risk that a borrower will not meet their contractual repayments, of either interest or capital. 

3. Market Neutral

Investments in this sub-portfolio provide access to investment strategies that look to produce returns in a number of economic scenarios, generally without relying on positive performance of equity (and often credit) markets.  The strategies in this sub-portfolio invest in a range of asset classes and instruments, and should not be considered an asset class in themselves; the main driver of return is a manager's ability to successfully allocate across different types of instruments. 

4. Illiquidity

Investments in this sub-portfolio provide schemes access to investment strategies that look to invest in a range of illiquid assets, both equity and debt.  By investing in these assets investors expect to earn a return superior to what would otherwise be available through holding more liquid securities that can be sold at short notice; this is referred to as the 'illiquidity premium'.

5. Insurance

Investments in this sub-portfolio aim to give holders exposure to the insurance premium, where the return is derived from providing insurance to a third party.  For example, TPT's Insurance-Linked Securities manager earns a premium of providing insurance against damage caused to properties (residential or commercial) by natural catastrophes such as hurricanes or earthquakes.   


OO 07. Fixed income AUM breakdown

07.1. 以下のカテゴリを使用して、報告年度末時点の組織の債券AUMを5%単位での概算内訳を記載してください。

組織外で運用

79.03 SSA
2.47 社債(金融)
18.50 社債(非金融)
0 証券化商品
債券AUM合計 100%

OO 08. Segregated mandates or pooled funds

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。
組織外で運用する資産の内、分離型マンデートとプール型ファンドの内訳を明示して下さい。
資産クラスの内訳
分離型マンデート
プール型ファンド​
資産クラス合計(各行が100%にならなければいけません)
[a]上場株式
100%
[b]債券 – SSA
100%
[c] 債券 – 社債 (金融)
100%
[d] 債券 – 社債 (非金融)
100%
[g] 不動産
100%
[h] インフラ
100%
[j] ヘッジファンド
100%
[j] ファンドオブヘッジファンズ
100%
[n] 現金
100%
[o] その他 (1), 具体的に記入して下さい_______
100%
[p] その他 (2), 具体的に記入して下さい_______
100%

08.2. 補足情報 [任意]


OO 09. Breakdown of AUM by market

09.1. 組織のAUMの内訳を市場別に示してください。

95.93 先進国市場
4.07 新興国市場
0 フロンティア
0 その他の市場
合計100% 100%

09.2. 補足情報 [任意]


Top