This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

LBPAM La Banque Postale Asset Management

PRI reporting framework 2019

You are in Direct - Listed Equity Active Ownership » Engagement

エンゲージメント

LEA 02. Reasoning for interaction on ESG issues

エンゲージメントの方法および対話を行う理由を明示して下さい。
エンゲージメントの種類
対話を行う理由​
単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント
協働的なエンゲージメント
サービスプロバイダーのエンゲージメント

02.4. 補足情報[任意]

In 2018, LBPAM continued its individual engagement activities as in previous years:

  • ESG meetings (with CSR or IR departments, or senior management)
  • Meetings around green bonds
  • Meetings around corporate governance.

In comparison to previous years, LBPAM increased its participation to collaborative engagements, mainly by joining existing initiatives.


LEA 03. Process for identifying and prioritising engagement activities

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

03.1. 貴社にはエンゲージメントを特定し、優先順位を付けるための正式な手順がありますか。

各エンゲージメント種別の特定および優先順位付けに用いる基準を示してください。
エンゲージメント種別
エンゲージメントの特定/優先順位付けに用いる基準
単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント

単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント

協働的なエンゲージメント

協働的なエンゲージメント

03.3. 補足情報 [任意]


LEA 04. Objectives for engagement activities

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。
貴社のエンゲージメント活動に対して明確な目的を定義しているか示してください。
単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント
協働的なエンゲージメント

04.2. 補足情報 [任意]

LBPAM distinguishes engagement made on an ongoing basis, and engagement targeted at specific issues:

  • Engagement made on an ongoing basis: dialogue in order to improve our understanding of the ESG strategy of companies, to encourage them to increase disclosure and to implement best-in-class practices
  • Engagement targeted at specific issues: dialogue launched by LBPAM or collaborative partners in order to hear comments of companies about controversies and to ask for corrective measures.

LEA 05. Process for identifying and prioritising collaborative engagement

エンゲージメントの成果についてモニタリングまたは検討を行っているか示してください。
単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント
協働的なエンゲージメント
エンゲージメント活動の進捗状況のモニタリングまたは検討を行うため、以下を行っているか示してください。
単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント
協働的なエンゲージメント

05.3. 補足情報[任意]

In 2017, we introduced a new approach for the monitoring of controverserises. LBPAM defined a list of companies that we excluded from our RI strategies, due to severe or repeated violations of the UN Global Compact principles. We have engaged with some of these companies to determine whether their practices improved on specific KPIs, thus triggering changes in our investment decisions. This list is reviewed at least on a half-year basis by a dedicated committee. The committee checks whether there were corrective measures following the controversies, and may update the list accordingly.

We implement a similar process for some issuers in buy-and-hold mandates when our clients ask us to monitor controversies. A dialogue may be initiated with the companies facing controversies, and updates are regularly provided to our clients.

Besides these targeted engagement activities, we meet companies on an ongoing basis in order to improve our understanding of their ESG strategy and to encourage them to improve their ESG disclosure and practices. Their answers and tone can influence ratings within our ESG rating tool AGIR.


LEA 06. Role in engagement process

06.1. エンゲージメントが不首尾に終わった場合のエスカレーション戦略があるか示してください。

06.2. 不首尾に終わったエンゲージメントの後に貴社が用いるエスカレーション戦略を示してください。

06.3. 補足情報 [任意]

We have an exclusion committee where we discuss the impacts of engagement activities with the investment platforms.


LEA 07. Share insights from engagements with internal/external managers

07.1. 貴社のエンゲージメントから得た知見を投資意思決定者と共有しているか示してください。

エンゲージメントの種類

共有する考察
単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント

協働的なエンゲージメント

07.2. エンゲージメントにより得た情報および知見を投資意思決定者と確実に共有するために用いている慣行を示してください。

07.3. 貴社のエンゲージメントから得た知見を顧客/受益者と共有しているか示してください。

エンゲージメントの種類
共有する考察
単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント
協働的なエンゲージメント

07.4. 補足情報[任意]

Data collected from companies during engagement activities - whether individual or collaborative - are integrated into ESG analysis and our internal ESG ratings (AGIR), which is used in investment decisions for the RI strategies. In addition, the insights gained from the engagement initiatives targeting controversial companies are broadly shared through all the investment platforms during the Exclusion Committee (bi-annually).

Our clients interested in engagement activities are informed of our dialogue with controversial companies, through reporting or formal committees.


LEA 08. Tracking number of engagements

08.1. 貴社がエンゲージメントの数を追跡しているかどうかを記載してください。

エンゲージメントの種類
エンゲージメントの追跡
単独/貴社内のスタッフのエンゲージメント

協働的なエンゲージメント

08.2. 補足情報[任意]

LBPAM directly interacted on ESG issues with 77 companies in 2018 (emails, meetings, phone calls).

LBPAM joined several collaborative engagement initiatives in 2018:

  • Access-to-Medicine,
  • Farm Animal Investment Risk and Return,
  • Tobacco-Free Finance Pledge.

Top