This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

AP2

PRI reporting framework 2018

Export Public Responses
Pdf-img

You are in Direct - Listed Equity Incorporation » ESG incorporation in actively managed listed equities » Implementation processes

実施プロセス

LEI 01. Percentage of each incorporation strategy

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

01.1. 以下を記載してください。(1)組織でのアクティブ運用上場株式にどのESG組み入れ戦略や組み合わせを使用しているか(2)アクティブ運用している上場株式の戦略または戦略の組み合わせ別内訳

ESG組み入れ戦略 (当てはまるものをすべてお選びください)
アクティブ運用される上場株式に戦略が適用される割合 (推定 +/- 5%)
100 %
アクティブ運用している上場株式の合計 100%

01.2. 組織が実施しているESG組み入れアプローチ、および、特定のESG組み入れ戦略を選択している場合はその理由を説明してください。

All companies included in the AP2's portfolio of equities are screened twice yearly, to identify those that contravene international conventions and guidelines. This analysis is conducted by an external consultancy. The screening results in a list of companies that are targeted for engagement either by AP2 through the AP Funds Ethical Council or by our external service provider.

A fundamental analysis is used in the management of Swedish equities. This means that companies are valued by forecasting their future development. In an analysis of the companies, consideration is given to sustainability aspects and how they can affect the companies’ valuation. This may, for example, be tax issues, forthcoming environmental regulations and corporate governance issues. AP2 is working to increase its competence on how sustainability aspects can affect a company’s valuation and share price. This is done, among other things, by the sustainability and equity research analysts working together. During 2017, the Fund made in-depth analyses of sustainability work in ten Swedish companies within different sectors. The purpose of the analyses has been to gain a broader knowledge of the company’s risks and opportunities within sustainability. The Fund has held ownership dialogues with companies in connection with the analyses. Because AP2 believes that companies can create and protect values by working with sustainability issues, the Fund considers it important to be involved in the companies’ sustainability work. By being an active owner, the Fund can also affect the companies and support them in the development of their sustainability work

AP2’s management of global equities takes place primarily through active quantitative management. The models used are produced in-house and contain different factors, including sustainability factors. They are linked to a number of environmental, social and corporate governance factors. The Fund also works to create new indices in which sustainability is a fundamental pillar. Read more about this on page 22 in AP2's annual and sustainability report (http://www.ap2.se/globalassets/nyheter-och-rapporter/arsredovisningar/annual-report-and-sustainability-report-2017.pdf).

AP2 has made divestments in global listed companies that the Fund has determined have financial climate risks. This work is based on extensive sector and company analyses, where sustainability issues and financial information are interwoven. The Fund has so far investigated the utility sector, the coal sector and the oil and gas sector. The Fund has divested in a total of 79 companies.

AP2 also has a governance group that works on governance issues.

01.3. ESG組み入れ戦略の組み合わせを使用して資産を運用している場合、ESG戦略の組み合わせをどのように使用しているかを簡単に説明してください。 [任意]


LEI 02. Type of ESG information used in investment decision

02.1. 組織でESG組み入れ戦略に使用しているESG情報およびこの情報の提供者を記載してください。

ESG情報の種類

この情報の提供者を選択してください

この情報の提供者を選択してください

この情報の提供者を選択してください

この情報の提供者を選択してください

02.2. 使用されているESG情報を簡単に説明してください。ESG組み入れ戦略全般での情報源の違いを明らかにしてください。

02.3. ブローカーに対しESG調査結果を提供するよう奨励しているかどうかについて記載してください。

02.4. ブローカーに対しどのように奨励しているかを記載してください。

ESG assessment part of brokers review.

02.5. 補足情報 [任意]


LEI 03. Information from engagement and/or voting used in investment decision-making

03.1. ESGへのエンゲージメントや(委任状による)議決権行使から得られる情報を投資の意思決定に利用できるプロセスが組織にあるかどうかを記載してください。

03.2. 補足情報 [任意]


A) 実施:スクリーニング

LEI 04. Types of screening applied

04.1. 組織内でアクティブ運用している上場株式に適用するスクリーニングの種類を記載し、説明してください。

スクリーニングの種類

スクリーニング実行者

          All conventions the Swedish state has signed.
        

説明

The entire portfolio is screened twice a year by an external service provider.

04.2. スクリーニング基準の設定方法、基準の見直し頻度、基準の変更を顧客や受益者に通知する方法について説明してください。

The screening criteria are based on the core values of the Swedish state. Information is given to beneficiaries in AP2's sustainability and corporate governance report and in the AP Funds' Council on Ethics annual report.


LEI 05. Processes to ensure screening is based on robust analysis

05.1. スクリーニングが徹底した分析に基づいていることを確実にするために、組織が使用しているプロセスを選択してください。

05.2. ESGスクリーニング戦略の一環で包括的なESG調査の対象となるアクティブ上場株式ポートフォリオの割合を示してください。

05.3. 第三者のESG評価がスクリーニング目的で更新される頻度を示してください。

05.5. 補足情報 [任意]


LEI 06. Processes to ensure fund criteria are not breached

06.1. ファンドの基準に違反がないことを確認するために組織が使用しているプロセスを記載してください。

06.2. ファンドのスクリーニング基準に対する違反が判明した場合、これらの違反を是正するために従うプロセスを説明してください。

06.3. 補足情報 [任意]


C) 実施: 統合

LEI 08. Review ESG issues while researching companies/sectors

08.1. 投資分析の一部として体系的に調査するESG要因と、この分析の影響を受けるアクティブ戦略の上場株式ポートフォリオの割合を記載してください。

ESG問題

影響を受ける割合
Environmental

E(環境)

Social

S(社会)

Corporate Governance

コーポレートガバナンス

08.2. 補足情報 [任意]


LEI 09. Processes to ensure integration is based on robust analysis

09.1. ESG統合が徹底した分析に基づいていることを確実にするために、組織が使用しているプロセスを記載してください。

09.2. 組織の統合戦略の一環で包括的ESG調査の対象になるアクティブ運用上場株式の割合を記載してください。

09.3. ESG統合戦略に使われる第三者のESG評価が更新される頻度を示してください。

09.5. ポートフォリオマネージャーがどのようにESG情報を保管・使用しているかについて説明してください。

09.6. 補足情報 [任意]


LEI 10. Aspects of analysis ESG information is integrated into

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

10.1. 投資分析のどの側面にESG情報を統合しているかを記載してください。

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

10.2a. ESG情報を適正価値/ファンダメンタル分析やポートフォリオの構築へと統合するプロセスについて、組織でのプロセスの一部となっている手法を選択してください。

          
        

10.3. ESG情報をポートフォリオの構築にどう統合しているかを説明してください。

Expected return and risk model has ESG-factors integrated in their construction.

10.4a. 利益予想/バリュエーションツールの修正に使用した手法を説明してください。

Expected return and risk model has ESG-factors integrated in their construction.

アクティブ運用する上場株式の内投資分析をする割合

10.2b. ESG情報を適正価値/ファンダメンタル分析および/またはポートフォリオの構築へと統合するプロセスについて、組織でのプロセスの一部となっている手法を選択してください。

          ESG-factors to predict future returns.
        

10.4b. 利益予想/バリュエーションツールの修正に使用した手法を説明してください。

Utility companies with more than 30% of the profit (EBIT) from coal-based power generation has been idemtified as companies with high financial climate risks. All pure coal mining companies and oil & gas companies dependent on new high cost project for futher earnings are also regarded as companies with high financial climate risks.

10.5. 補足情報 [任意]


Top