This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

Edmond de Rothschild Asset Management (France) (EDRAM)

PRI reporting framework 2018

Export Public Responses
Pdf-img

You are in Indirect – Manager Selection, Appointment and Monitoring » Selection

選定

SAM 02. Selection processes (LE and FI)

02.1. あなたの組織が外部運用会社の選定関連文書の大半カバーしているRI関連情報にはどのようなものがあるか以下の項目から選んで下さい。

投資戦略およびESG目標が当該戦略にどのように関わっているか

ESG組み入れ要件

ESG報告要件

その他

選定関連文書にはRI情報を盛り込んではいない

上場株式
債券 - SSA​
債券 - 社債(非金融)
投資戦略およびESG目標が当該戦略にどのように関わっているか
ESG組み入れ要件
ESG報告要件
その他
選定関連文書にはRI情報を盛り込んではいない

上記のうち「その他」を選択した場合、具体的に説明してください。

Other: PRI Assessment & Sustainability rating Morningstar

02.2. あなたの組織では、組織の投資戦略と運用会社の投資アプローチを一致させる投資運用会社の能力をどのように評価しているのかを説明してください。

戦略

運用会社の投資戦略の対象期間を組織・受益者の要求と対比して評価する

投資ポリシーの質およびESG関連文献を評価する

投資アプローチを評価するとともに、投資プロセスにおいてESG目標をどのように導入・実施しているかを評価する

運用会社のRIに関する組織レベルのアプローチと商品レベルのアプローチを精査する

使用するESG定義を評価する

その他

上記のいずれでもない

上場株式​
債券 - SSA
債券 - 社債(非金融)
運用会社の投資戦略の対象期間を組織・受益者の要求と対比して評価する
投資ポリシーの質およびESG関連文献を評価する
投資アプローチを評価するとともに、投資プロセスにおいてESG目標をどのように導入・実施しているかを評価する
運用会社のRIに関する組織レベルのアプローチと商品レベルのアプローチを精査する
使用するESG定義を評価する
その他
上記のいずれでもない

ESG担当者/監督

投資チームのESGに関する専門知識を評価する

ESG導入・実施についての監督および責任を精査する

ESGの導入をどのように実行に移しているか/どのようにして万全を図っているかを精査する

RIの実施を強化するために、運用会社のRI推進努力と業界との関わりを精査する

その他

上記のいずれでもない

上場株式
債券 - SSA
債券 - 社債(非金融)​
投資チームのESGに関する専門知識を評価する
ESG導入・実施についての監督および責任を精査する
ESGの導入をどのように実行に移しているか/どのようにして万全を図っているかを精査する
RIの実施を強化するために、運用会社のRI推進努力と業界との関わりを精査する
その他
上記のいずれでもない

プロセス/ポートフォリオ組成/投資評価

使われているESGデータの質を保証するプロセスを精査する

投資意思決定プロセスにおけるESGデータの使用をを精査し、同意する

ESG分析が投資判断に及ぼす影響を精査のうえ同意する

ESG目標(リスク削減、リターン追求、現実への影響など)に同意する

運用会社のESGリスクフレームワークを精査のうえ同意する

ポートフォリオ・レベル(ポートフォリオ組成)でのESGリスクの限界およびその他のESG目標を精査のうえ同意する

運用会社が、どのようにESG重要度を評価しているかを精査する

ESGインシデントを定義し周知徹底するプロセスを精査する

ESG報告の頻度と詳細を精査し同意する

その他

上記のいずれでもない

上場株式
債券 - SSA
債券 - 社債(非金融)
使われているESGデータの質を保証するプロセスを精査する
投資意思決定プロセスにおけるESGデータの使用をを精査し、同意する
ESG分析が投資判断に及ぼす影響を精査のうえ同意する
ESG目標(リスク削減、リターン追求、現実への影響など)に同意する
運用会社のESGリスクフレームワークを精査のうえ同意する
ポートフォリオ・レベル(ポートフォリオ組成)でのESGリスクの限界およびその他のESG目標を精査のうえ同意する
運用会社が、どのようにESG重要度を評価しているかを精査する
ESGインシデントを定義し周知徹底するプロセスを精査する
ESG報告の頻度と詳細を精査し同意する
その他
上記のいずれでもない

‘その他’の方法を選択した場合、具体的に記入してください

ESG people/oversight : Verification of the presence of internal and external resources dedicated to RI, and access to ESG information by management teams

Process/portfolio construction/investment valuation : Review the Sustainability Rating Morningstar for the funds

02.3. 選定プロセスおよびそのESG・RI要因について記載してください

02.4. 外部運用会社を選定する際に、あなたの組織では以下の項目のいずれかを設定もしくは使っていますか:

ESGのパフォーマンス開発目標

ESG スコア

ESG ウェイト

実体経済目標

その他のRI留意事項

上記のいずれでもない

上場株式
債券 - SSA
債券 - 社債(非金融)
ESGのパフォーマンス開発目標
ESG スコア
ESG ウェイト
実体経済目標
その他のRI留意事項
上記のいずれでもない

‘その他’の方法を選択した場合、具体的に記入してください

02.5. 精査され議論されたESG情報が選択意思決定プロセスにどのように影響するかを説明してください。[任意]

          Methods for collecting ESG information
Our information questionnaire on ESG and SRI integration is the starting point for our ESG analysis of external funds. Developed and sent in 2016 to 257 funds on our list of referenced funds, managed by 117 asset management companies, the response rate was very high with 92% of returns. The questionnaire includes 43 indicators divided into 11 items characterising the management company’s RI approach and the RI/ESG characteristics of the fund(s) referenced or of a new candidate fund. In addition, on this occasion, a request for documentation was also made, notably to obtain the RI Private Transparency report and matching Assessment report, or else the fund’s SRI transparency code if it is categorised as SRI. The data collated was integrated in the internal tools (Felix and EDRAM Viewer) in order to generate statistical treatments and to be presented in a simplified form, with icons to help the portfolio managers easily identify key information such as whether the management company is a PRI signatory, the existence of an ESG integration approach, the categorisation as an SRI fund, or the application of an exclusion policy. 

This exploratory analysis helped identify: 
-	in 2016, that 10% of the referenced funds were SRI funds, 57% integrated ESG in their analysis, 43% excluded anti-personnel mines and cluster bombs, and 17% measured their carbon footprint. Regarding the management companies that manage these funds, 83% were PRI signatories, 70% had implemented a voting policy integrating ESG issues and 62% had an engagement policy.
-	as of December 31st, 2017, that 236 traditional funds had completed our proprietary ESG and SRI questionnaire and had a rating determined by the funds selection team, among which : 
	78.8% are managed by a PRI signatory manager,
	59.4% apply a normative exclusion related to cluster bombs and anti-personnel mines
These statistics have been calculated based on managers’ declarations over the last two years.

Our ESG analysis, and the corresponding assessment, are primarily qualitative. The Fund Selection team can express opinions on the ESG analysis by: 
-	awarding a star for SRI funds in our Sustainable selection that stand out for their strong positive environmental or social impact, while achieving a satisfactory level of performance,
-	giving their viewpoint on the positives of SRI funds and potential problem areas concerning mainstream funds, should our fund managers/analysts find them to be lacking on ESG issues
-	sharing their insight on the PRI ratings of the management company and on the Morningstar Sustainability Rating.

We aim to update our SRI/ESG survey every two years, with the next update scheduled before the summer of 2018. 

Use of ESG information in the selection
The ESG information collated via our ESG/SRI proprietary questionnaire will help detect key discussion points to be addressed with the managers of the targeted funds, based on the proportionate objective we have in the Selection phase: 
-	for the referencing of external mainstream funds destined for our multi-management and asset allocation expertise: this information will not be discriminatory in the selection process, but will determine those funds for which an ESG dialogue will be a priority, for example for not being a PRI signatory, for not excluding companies with activities in anti-personnel mines/cluster bombs, or for those having failed to respond concerning the measurement of their portfolios’ carbon footprint. These questions will be integrated in a targeted manner, but form part of our ESG integration process based on a strategy for influence with the funds so as to encourage them to integrate best responsible investment practices, particularly by signing the PRI, integrating ESG into risk management or being more transparent about any ESG information that might be requested. 
-	for the selection of sustainable funds: the response to the questionnaire sheds light on an initial profile of the SRI quality of the fund and that of its management company, but it will lead to an analysis of the documents obtained. These two sources of information will help feed an ESG interview based on in-depth, personalised questions in view of appointing/referencing the fund. For example, in the choices checked under SAM 02.2., we pay particular attention to assessing the fund’s ESG objectives and how these objectives are implemented in the investment process (i.e. stock selection process), the investment teams’ ESG expertise and their level of responsibility in the implementation, and how the ESG materiality is assessed by the portfolio manager.
In 2017, the Fund Selection team met around 35 management companies managing referenced or candidate funds, with which ESG issues were addressed.
        

SAM 03. Evaluating engagement and voting practices in manager selection (listed equity/fixed income)

03.1. あなたの組織では、通常、運用会社の大部分を対象として、各運用会社の積極的な保有実務(積極的な株主行動等)をどのように評価しているかを明示してください。

(委任状による)議決権行使

運用会社の議決権行使ポリシーを精査する

様々な所有権の枠内における運用会社の議決権行使能力について精査する

議決された決定内容についてクライアントに報告する運用会社のプロセス精査する

議決権行使結果が投資の意思決定プロセスに必ずフィードバックされるよう万全を図る

行使した議決権の数を投票用紙/年次株主総会、保有銘柄や入手可能な根拠の割合として精査する

組織の選定プロセスにおけるその他の議決権行使に関わる問題; 具体的に記載してください

上記のいずれでもない

上場株式​
運用会社の議決権行使ポリシーを精査する
様々な所有権の枠内における運用会社の議決権行使能力について精査する
議決された決定内容についてクライアントに報告する運用会社のプロセス精査する
議決権行使結果が投資の意思決定プロセスに必ずフィードバックされるよう万全を図る
行使した議決権の数を投票用紙/年次株主総会、保有銘柄や入手可能な根拠の割合として精査する
組織の選定プロセスにおけるその他の議決権行使に関わる問題; 具体的に記載してください
上記のいずれでもない

‘その他’の方法を選択した場合、具体的に記入してください

03.2. 組織では、運用会社のエンゲージメント・アプローチが効果的であるかどうかについてどのように評価しているかを説明してください

          % of votes at shareholders meetings
        

03.3. 組織では、運用会社の議決権行使アプローチが効果的/適切であるかどうかをどのように評価しているかを説明してください

          % of votes at shareholders meetings
        

03.4. 補足情報 [任意]

          For delegated outsourced management: only two of our four management delegations are equity funds; that said, the management companies that manage these two funds (i.e. EDR Japan and EDR US Growth) apply their own voting policy, but one of them has been reporting to us on its voting statistics for several years, and the other since the end of 2017. 
For our fund selection expertise, concerning the active ownership policy, we review if the fund has formalised a voting policy that includes the treatment of environmental and social resolutions, exercises its voting rights and reports on its practices on ESG engagement, and that it discloses the number of companies that it has engaged with. Concerning voting and engagement activities, we have not made any specific, strict ESG requirements, but during the meetings in the context of the SRI mandate fund selection, we screen the portfolios’ composition: if we have any doubt about the ESG quality of an issuer that could downgrade the ESG performance and the positive impact that we expect for our selection and appointment of high-quality ESG funds, we ask the asset manager to engage with the company concerned. We also discuss the voting rights, more in respect of their position on certain issues, such as management compensation versus the company’s long-term interest, rather than how they exercise their voting rights. This demand on active ownership is about to become more structured and traceable in 2018 in order to showcase our proportionate influence approach on engagement activities
        

Top