This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

California State Teachers' Retirement System CalSTRS

PRI reporting framework 2018

You are in Direct - Listed Equity Active Ownership » (Proxy) voting and shareholder resolutions » Outputs and outcomes

成果および結果

LEA 21. Percentage of (proxy) votes cast

21.1. 貴社やサービスプロバイダーが(代理)投票の指示を発行するマンデートを有している上場株式について、報告年度中に行った投票の割合を記載してください。

1%単位の投票率

100 %

この投票率の計算基準を明記してください

21.2. 一定の株式保有分について議決権を行使しない理由を説明して下さい:

21.3. Additional information. [Optional]


LEA 22. Proportion of ballot items that were for/against/abstentions

22.1. あなたの貴社では、貴社や貴社に代わって行動するサービスプロバイダーが出した議決権行使に係る指示を追跡しているかどうか明示してください。

22.2. 貴社または貴社の代理である第3者機関が出した議決権行使に係る指示について投票の割合を記載してください。

議決権行使に係る指示の対象
投票の内訳(%)
経営陣の議案に対する賛成票
59 %
経営陣の議案に対する反対票
41 %
棄権
0 %
100%

22.3. 経営陣の提案に反対票を投じた後にあなたの貴社が取る措置について記載して下さい。

          In some cases we reach out to the company.
        

22.4. Additional information. [Optional]


LEA 23. Shareholder resolutions

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

 

23.1. 貴社が直接またはサービスプロバイダーを経由して報告年度にESG関連の株主決議を提出または共同提出したかどうかを明示してください。

23.2. 貴社が行ったまたは共同で行ったESG関連株主決議の数を記載してください。

2 合計

23.3. 以下の結果をもたらした、これらのESG関連株主決議の数の割合を記載してください。

議案に採用された

0 %
Were withdrawn due to changes at the company and/or negotiations with the company
100 %
Were withdrawn for other reasons
0 %
Were rejected/not acknowledged by the company
0 %
合計 100%

23.4. 貴社が提出または共同提出したESGの株式決議で議案に採用された(撤回されなかった)ものに対する賛成票の割合を選択してください。

50%超
20〜50%
20%未満

23.5. 貴社が提出または共同提出したESG関連の株主決議で、結果が達成されたものについて説明してください。

https://www.calstrs.com/sites/main/files/file-attachments/green_report_2017.pdf

https://www.calstrs.com/report/corporate-governance-annual-report

 

Information on engagement is provided in the two reports above. 

23.6. 貴社が他の投資家によって提出されたESG株主決議を審査するかどうかについて説明してください。

We review all ESG SHP's that go to a vote during our proxy voting process. 

23.7. Additional information. [Optional]


LEA 24. Examples of (proxy) voting activities

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

24.1. 報告年度に貴社またはサービスプロバイダーが実行した(委任状による)議決権行使の例を提供してください。

ESG Factors
ESG問題
          Voted our proxy at Exxon
        
意思決定者
目的

Communicate to the company on specific ESG risks and on the proxy. 

対象範囲およびプロセス

1. Communicate to company

2. Assess current disclosure by company

3. Vote proxy at company

https://viewpoint.glasslewis.net/GlassLewisWebDisclosure/webdisclosure/search.aspx?glpcustuserid=CAL090&WDFundGroupID=1303

4. Engage company on issues that have not adequately been met or disclosed. 

 

結果

Voted FOR certain SHP's at Exxon. 

https://viewpoint.glasslewis.net/GlassLewisWebDisclosure/webdisclosure/search.aspx?glpcustuserid=CAL090&WDFundGroupID=1303

 

Met with company and discussed SHP's and current disclosure status. 

24.2. Additional information. [Optional]

For more information on CalSTRS Proxy Voting activites please visit our Corporate Governance annual report:

https://www.calstrs.com/report/corporate-governance-annual-report

 


Top