This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

KfW Bankengruppe

PRI reporting framework 2018

You are in Organisational Overview » Basic information

基本情報

OO 01. Signatory category and services

01.1. 組織または組織が提供するサービスに最もよく当てはまる種類を選択してください。

01.3. 補足情報 [任意]


OO 02. Headquarters and operational countries

02.1. 組織の拠点がある場所を選択してください。

Germany

02.2. オフィスが所在している国数を記載してください(本部を含む)。

02.3. 組織が正規雇用しているスタッフのおおよその人数を記載してください。

72 正規職員

02.4. 補足情報 [任意]

The information given above refers to KfW's treasury department that is responsible for KfW's asset management activities. Overall, KfW group has offices in more than 80 locations worldwide. As at the end of 2016, KfW group employed 6104 people.


OO 03. Subsidiaries that are separate PRI signatories

03.1. 組織内に単独でPRI署名者となっている子会社があるかどうかを記載してください。

03.3. 補足情報 [任意]


OO 04. Reporting year and AUM

04.1. 報告年度の最終日を記載してください。

31/12/2017

04.2. 報告しないことを選択した子会社を除き、報告年度末のAUM合計を記載してください。

Total AUM
10億 100万
Currency
Assets in USD
10億 100万

04.5. 補足情報 [任意]

The total AUM indicated above refer to three distinct portfolios that are managed within KfW’s treasury department and comprise KfW’s asset management activities. All three portfolios have distinct objectives. In addition to the liquidity portfolio, KfW has two promotional investment portfolios under management: the KfW Green Bond portfolio and the ABS promotional portfolio. The promotional portfolios are supported by the Federal Ministry for Environment, Nature Conservation, Building and Nuclear Safety (BMUB) and the Federal Ministry for Economic Affairs and Energy (BMWi), respectively.

Whereas the liquidity portfolio is an essential component of KfW’s liquidity maintenance strategy, the Green Bond and ABS portfolios each have separate promotional purposes. The main objective of the Green Bond portfolio is to finance projects with regard to environmental protection and climate change while the ABS promotional portfolio aims at facilitating access to capital markets for the small and medium-sized companies (SMEs).

Further details regarding the responsible investment approach of all three portfolios are available in SG 01.5.


OO 06. How would you like to disclose your asset class mix

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

06.1. どのように資産クラス構成を開示したいかについて記載してください。

組織内で運用
組織外で運用

 

上場株式 0 0 0 0
債券 >50% 100 0 0
プライベートエクイティ 0 0 0 0
不動産 0 0 0 0
インフラ 0 0 0 0
コモディティ 0 0 0 0
ヘッジファンド 0 0 0 0
森林 0 0 0 0
農地 0 0 0 0
包括的な金融 0 0 0 0
現金 0 0 0 0
その他(1)(以下に具体的に記入してください) 0 0 0 0
その他(2)(以下に具体的に記入してください) 0 0 0 0

06.2. 添付の画像に従って組織の資産クラス構成を公表する

06.3. AUM資産クラス分割について説明する情報を記載してください。 [任意]


OO 07. Fixed income AUM breakdown

07.1. 以下のカテゴリを使用して、報告年度末時点の組織の債券AUMを5%単位での概算内訳を記載してください。

組織内で運用

39.3 SSA
3.7 社債(金融)
0 社債(非金融)
57 証券化商品
債券AUM合計 100%

OO 08. Segregated mandates or pooled funds (Not Applicable)


OO 09. Breakdown of AUM by market

09.1. 組織のAUMの内訳を市場別に示してください。

 

先進国市場

  Emerging, Frontier and Other Markets
Total100%

09.2. 補足情報 [任意]


Top