This report shows public data only. Is this your organisation? If so, login here to view your full report.

AJO

PRI reporting framework 2018

You are in Direct - Listed Equity Active Ownership » (Proxy) voting and shareholder resolutions » Process

プロセス

LEA 16. Typical approach to (proxy) voting decisions

16.1. (委任状による)議決権行使を通常どのように決定しているかを明示して下さい。

アプローチ

以下に基づいて行う

16.2. Provide an overview of how you ensure your voting policy is adhered to, giving details of your approach when exceptions to the policy are made (if applicable).

We review ISS each quarter by comparing the results they report to us against a representative portfolio from each strategy we manage. In addition, we periodically perform more general due diligence. Updates to ISS’s voting policies are reviewed by our Proxy Oversight Committee, which also implements our proxy voting policy and monitors proxy voting activities to ensure the policy is adhered to and is effective.

16.3. Additional information.[Optional]


LEA 17. Percentage of voting recommendations reviewed

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

 

17.1. 報告年度において貴社のサービスプロバイダーが行った議決権行使に関する提言の中で、貴社が検討したものの割合およびその理由を記載してください。

貴社が検討した議決権行使の推奨の割合

検討した理由

その他

          No recommendation from service provider.
        

17.2. Additional information [Optional]


LEA 18. Confirmation of votes (Not Completed)


LEA 19. Securities lending programme (Not Completed)


LEA 20. Informing companies of the rationale of abstaining/voting against management

この指標には新しい設問が追加されています。事前に入力されている回答を精査してください。

 

20.1. 貴社または貴社に代わって行動するサービスプロバイダーは、議決権の行使に先立って、当該企業に対し懸念等を表明しているかどうか明示してください。

20.2. 貴社や貴社に代わって行動するサービスプロバイダーは、議決を棄権したり、経営陣の提案に反対票を投じる場合に、当該企業にその理由を伝えているかどうかを明示してください。

20.3. Additional information. [Optional]


Top